「ロス・タイム・ライフ」
昨夜見た「ロス・タイム・ライフ」にやられた。

これまでの回は見てなかったし、昨日だって別なビデオを見ていて、終わった時にたまたまやってたので途中から見た…という、ひどい視聴者だ。

それなのに、見終わったときには思わずグッときて、胸が熱くなってしまったというのは内緒にしておいて欲しい。

土曜日の23時10分からフジテレビで放送されているこのドラマ、ご存知の方も多いだろう。死を迎えた人間が、それまでの人生で無駄にした時間をロスタイムとして与えられたら……、という1話完結の物語。

で、昨日はその第9節、大泉洋さん主演で「ひきこもり」編。

自宅で引きこもっている31歳の男。餅を喉に詰まらせて死んだとき、『12』という数字の書かれた電光掲示板を持った謎の審判団が現れ、ロスタイムを告げる。その『12』が表しているのは、12時間のことだと思っていたのに、その時間になっても死は訪れず、12日でも12週間でもなく、12ヶ月経ってみて、ようやく数字がひとつ減って『11』になる。

医者になろうとしていたのに受験に失敗し、引きこもっていて家から外に出られなくなってしまった主人公。このままじっと11年も死を待つのか、と審判団を責めているとき、母が倒れ、ドア越しに妹が出てきてくれと訴える。

ようやく足を踏み出した主人公が部屋から、そして家から出て……。

11年後。医者となり、精一杯人の命を救おうとしている主人公。その穏やかな笑顔。夜勤を終えて家に帰り、妹や母と言葉を交わす。そして、あの頃引きこもっていた部屋へ向かう。その後ろにロスタイムの終わりを告げるように審判団の姿が……。

なんかねぇ、11年後の主人公の様子を見てたら、そのロスタイム、本当にいい時間だったんだねぇって、そんなふうに思えた。持ち時間はそれだけだって知ってて、いや知ってるからこそ、主人公の過ごした時間が充実していたに違いない、と感じさせられた。

最初からもっとちゃんと見ていればよかったな。それと、これまでの回も見てみたくなった。いつかDVDが発売されるだろうか?
[PR]
by kiki_002 | 2008-04-06 20:06 | 映像 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/7801116
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
検索
画像一覧