あ~あ
京都の「四条堀川」という交差点の近くに、「京都 掛札」という風呂敷のお店がある……らしい。行ったことはないが、以前、雑誌か何かで読んでから、ずっと気になっていた。

お誂えの正絹の風呂敷というのもよさそうだけれど、なにしろ敷居が高過ぎる。それよりも日本の伝統的な柄をモダンにアレンジした木綿風呂敷が欲しい。ネットでの販売もあるけれど、できれば手に取ってみてから買いたい。

去年は2度、京都に行った。今年もまた行く機会があるだろう。そうしたら、そのときにでも寄ってみよう、そんなふうに思っていた。

その「京都 掛札」が、どうやら3月26日~31日の6日間、新宿伊勢丹に出店していたらしい。

え~~~っ?ちょうどその時期、伊勢丹に行ったのに。気がつかなかったよ……(泣)。知ってれば、見てきたのになぁ。痛恨だわ!(←おおげさか?)

もう、いっそネットで買ってしまおうかな、などと思ってしまう。いやいや、きっとまた近いうちに京都へ行こう。
[PR]
by kiki_002 | 2008-04-08 23:19 | 日々のこと | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/7815274
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kiko at 2008-04-09 22:33 x
そう!旅先で買った物は、思い出も一緒に大切にしますね。私も、お扇子は使うたびに京都を思い出し豊かな気持ちになります。あ、今日「身毒丸」行ってきました。以前にkikiさんや娘の感想を聞き、なるほど~!!寺山修二の見世物風で猥雑な感じでもやはり蜷川ワールドでもある舞台に絵画的な感動を覚えました!内容もギリシャ神話(オイディプスやオルフェウス)浄瑠璃の世界・・そして「家・家族」・・など意味深い内容に友人と良い意味でショック状態?でした(これは子育てを終わった母親の心理で、kikiさんや娘とはまた違っていますね)今日は前楽で、今日もスタンディング・オヴェーションでした。時差がずいぶんありましたがご報告まで・・・。
Commented by kiki_002 at 2008-04-09 23:09
「身毒丸」、行ってらしたんですね!
kikoさまのおっしゃるように、見世物風の猥雑さや家や家族、特に母に対する複雑な思いなど、いろいろな意味でインパクトの強い芝居でした。1時間40分ほどなのに、さまざまなイメージの詰まった、とても濃い世界だったように思えます。
観る人それぞれのこれまで生きてきた人生まで含めて、いろいろなことを感じさせる舞台だったような気がします。
お疲れ様でした♪
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログパーツ
検索
画像一覧