「空中ブランコ」
著者:奥田英朗
出版社: 文芸春秋社(文春文庫)
発売日: 2008/01/10

「イン・ザ・プール」に続く精神科医伊良部先生シリーズの2作目。直木賞を受賞し、ドラマ化され、舞台化されるという作品なので、ご存知の方も多いだろう。

伊良部先生の傍若無人ぶりもあいかわらずだし、無愛想でセクシーな看護婦まゆみもあいかわらずで、伊良部先生の診察室を訪れた患者はみな当惑し、不安を覚えることになる。

この本に納められた5つの短編。それぞれの患者が抱える様々な悩みと、時に滑稽でもあるその症状。生きていくのは誰にとっても、たいへんなことだ。

しかし、この伊良部先生の治療(?)を通して、困難な現実は変わらなくても、それでもその現実と折り合いをつけるだけの心の余裕を取り戻したように思える。伊良部先生を見てると、悩むのがバカバカしくなってくるからだろうか。

この先生、単なるバカなのか、あるいは名医なのか、さっぱりわからない。それでも、悩みを抱えて先生の診察室を訪れた人々が心の平穏を取り戻していいるのだから、結果だけみればやっぱり名医なのかもしれない。

おかしくて、少しせつなくて、読み終わるとすっきりする。読者にとっても伊良部先生の治療は効果的なのだろう。
[PR]
by kiki_002 | 2008-04-13 23:50 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/7844276
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
検索
画像一覧