「七胴落とし」
著者:神林長平
出版社: 早川書房 (ハヤカワ文庫)
発売日: 1983/02

で、SF好きなら言わずと知れた、神林長平氏の初期の傑作。

子どもが大人になるとき、それまで持っていた感応力を失ってしまう……。主人公の少年 三日月は、19歳の誕生日をまもなく迎えようとしていた。そろそろ「大人」になってしまう日も近いはずだ。でも、この力を失うなんて耐えられない。焦燥に駆られる三日月と、一足先に大人になっていった友人や力を使った危険なゲームを楽しむ同級生の少女、謎の転校生、などが繰り広げるある夏の不安定な物語。

一見、現実離れした設定が、読み進むにつれて説得力を持ち始める。少年少女たちの不安定な心と彼らの持つ不思議な力。まるで、抜き身の日本刀のようにギラギラして、触れるものを破壊せずにはいられない。

そう、この風変わりなタイトルは、主人公の祖父が収集していた日本刀のうちのひとつ「七胴落とし」を差している。7人の身体を重ねて断ち切るほどの禍々しい刃物と、主人公の少年の危うさが、しだいに交差し始める。

どちらかといえば重く息苦しい物語である。瑞々しい青春の繊細さ、などではなく、人を切るために造られた日本刀の重い輝きと似た危険な若さ。彼らの混沌と多くの死と、そしてどれほど拒否しても、やはり少年は大人にならないわけにはいかない、ということの悲劇性。

それでも読後感は決して悪くない、と思う。

ああ、こういうSFもあるんだなぁ、と思いながら、読み出したら一息に読んでしまった。
[PR]
by kiki_002 | 2008-04-30 23:51 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/7965557
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
検索
画像一覧