「わが魂は輝く水なり-源平北越流誌-」千秋楽
平成20年5月27日(火)、14:00~。Bunkamuraシアターコクーンにて。
今日はとうとう千秋楽。無理やり仕事を早退して、観に行ってきた。

夢の中で実盛に逢う時だけ、少女めいて華やいだ声を出す巴の心情。実盛に紅をさす五郎の、愛情のこもった仕草。ラストシーンで朝の光に照らし出された、無残でありながら安らかな、満足そうな実盛の表情。

カーテンコール。舞台中央で菊之助さんがバッタリと前方に転倒したのは、素だったのだろうか?舞台中に似た場面があったので、ネタだったのかもしれない。

萬斎さんが軽やかに飛ぶようにして、自分の立ち位置にやってくる。全員で盛大な拍手を浴びた後、舞台上に萬斎さんと菊之助さん2人が残されたとき、両手を広げて抱き合うのを観て、ジンときてしまった。

3度目のカーテンコールで蜷川氏が登場すると、何かキラキラしたものが頭上から降り始めた。驚いたように見上げる萬斎さんの表情が印象的だった。

その後も拍手は鳴り止まず、繰り返し幕が上がった。カーテンコールは全部で5回だっただろうか?

終わってしまったなぁ……。いろいろな意味で、ホントに美しい舞台だった。いつかどんな形であれ、この美しい世界にまた出会うことがありますように。
[PR]
by kiki_002 | 2008-05-27 22:57 | 舞台 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/8215492
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kiko at 2008-05-28 22:12 x
え!千秋楽も観に行かれたのですね~!kikiさんの感想のお陰で臨場感あふれる感動が得られました。ほんとうに美しい舞台でしたね!萬斎さんと菊之助さんが抱き合うのもお二人は共通の古典芸能の家に生まれ他流試合の舞台に臨んで大成功の同じ感動もあったかもしれませんね。やはり様式美が身体にしみついた二人の動きは美しい舞台になりますね~。それにしてもkikiさんの滑り込みや、会社早退・・の舞台への意気込みにおそれいりました。それだけに「終わってしまったなぁ・・・」の気持ち、おさっしします。萬斎さんのことです。また何か感動の舞台をみせてくださるでしょう。ここ数日忙しく、久しぶりにゆっくりPCの前に座れ楽しく拝見させて頂きました。あ、以前の記事で「むかつく・・」とかありましたね?人生やっているといらいらすることあります(笑)娘など仕事で一時、「理不尽!」と悩んだり・・ストレスで肌は荒れたり・・。今はおかげで要領よくなりました(笑)ゆっくり行ってください。
Commented by kiki_002 at 2008-05-29 00:19
はい、行ってまいりました!萬斎さんと菊之助さんをはじめ、どの役者さんもすばらしく、蜷川さんの演出も本当に美しくて、大好きな舞台になりました。終わってしまって、ちょっと気が抜けたようです。
kikoさまがおっしゃるとおり、萬斎さんはきっとまた、何か素晴らしい舞台を観せてくれることでしょう。その日を楽しみに、毎日がんばって仕事していきたいと思います。……まあ、ときには腹が立つこともありますが(笑)
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
検索
画像一覧