「それでも、警官は微笑う」
著者:日明 恩
出版社:講談社(講談社文庫)
発行:2006年7月

以前、このブログで、読みたいと書いた本。さすがに福岡までは行かなかったけれど、無事に入手して読むことが出来た。

たいへん、面白かった。

推理小説というより、警察小説というのだろうか。ある特徴を持った銃を追う刑事と、麻薬がらみで死んだ人物の疑いを晴らすために行動している麻薬捜査官と。互いの動きが交差し、しだいに同じ標的に向かって進み始める。

ストーリーの流れとともに、警察の内情や麻薬捜査官という職業の詳細なども興味深く読ませている。

主人公の武本刑事と、コンビを組んでいる潮崎警部補を中心に、上司の安住課長、麻薬捜査官の宮田やその同僚、敵役の林など、多くの登場人物の心情やそれぞれの事情が丁寧に描かれており、どの人物もとても魅力的に感じられる。

個人的には、堅物の主人公と対照的な潮崎が気に入った。おしゃべりで調子良さそうな第一印象、パソコンやミステリーへの傾倒など、いかにも今風の若者のように見える潮崎。しかし、彼の言動は、どこか一本筋が通っているように見える。

子どもっぽいところもある。弱さも、愚かさも持ちあわせている。だか、主人公の武本がともに事件を追ううちに彼を認めていくのに合わせて、読者もしだいに潮崎のことが気になり始めるのではないだろうか。

もちろん、無骨で強面の武本も、迷わず信念を持って突き進んで行く宮田も、充分に魅力的だ。

続編が出ているらしい。文庫になるのが待てずに、ハードカバーで買ってしまうかどうか検討中。
[PR]
by kiki_002 | 2008-06-09 23:47 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/8340283
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログパーツ
検索