観世流仕舞入門 21回目
前回のお稽古に引き続き、今回も「屋島」。

この前は、謡も仕舞も途中までしかできなかったが、今回は謡は最後まで。なんとなく、この曲はちょっと難しいような気がする。その難しそうなポイントを、説明していただきながらお稽古が進む。

それから仕舞。

この曲も、ポイントとなるのは半身(はんみ)の動きのようだ。

それと、今までと違う扇の扱いがある。たいていは右手に持っている扇を、左手につまむように取り、謡の内容に出てくる『盾』のように前に出す。そのまま扇を左の腰につけた後、右手で刀を抜くように抜く。

これがねぇ。先生がこの一連の動きをやって見せてくださると、ホントにもうカッコいいのだけれど。自分でやってみると……(汗)。ま、仕方ないけれど。

この「屋島」、これまでの曲より体力がいる気がする。稽古中に汗をかくのは、暑くなってきたせいだけでなないようだ。動きもダイナミックだし。がんばって、覚えられるといいなぁ。
[PR]
by kiki_002 | 2008-06-24 22:52 | 習い事など | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/8465351
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログパーツ
検索
画像一覧