「御手洗潔対シャーロック・ホームズ」
著者:柄刀 一
出版社: 東京創元社(創元推理文庫)
発売日: 2008/07

いやこれは、本屋で見かけてタイトルだけで即買いしてしまった。だいたい、シャーロック・ホームズのパスティーシュ(ある作家や作品の文体を模倣し、作品を作ること)は、見かけるとけっこう読んでしまう。好きなんだよね、ホームズが。

もちろん、御手洗潔も好き。でも、ホームズと違って、彼のパスティーシュは初めてだ。

最初に、御手洗もののパスティーシュが2篇。いやこれがねぇ、よく出来てるの。いかにも御手洗潔らしいセリフや行動に、パスティーシュだということを忘れそうになる。

次の2篇は、ホームズもののパスティーシュ……というより、パロディだね、こっちは。つまり、原作をちょっと揶揄するというか、軽くからかうというか、まあコミカルな味付け。しかも、なんの注釈もなしに、ホームズとワトソンが現代の日本で諮問探偵をやってるあたりは、どうすればいいのか、少々リアクションに困る。

最後に、御手洗・石岡コンビとホームズ・ワトソンコンビが、イギリスで同じ事件に巻き込まれるという中篇。これは、現代に生きているホームズという設定はそのままながら、先のパロディ2篇よりシリアスな雰囲気。御手洗もホームズもけっこうイメージどおりで、丁々発止の推理合戦(?)は、読み応えがある。

全体に、超自然的であったり不可能に見える状況下での犯罪を、きちんと説明して行くアクロバティックな展開が、御手洗シリーズらしくて、ファンにはうれしい。

また、巻末には解説の代わりに、島田荘司さんのお書きになった「石岡和己 対 ジョン・H・ワトスン」という文章が収録されているのも楽しかった。
[PR]
by kiki_002 | 2008-08-16 23:57 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/8854148
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
検索
画像一覧