着物日和⑤
昨日、着付けの稽古があった。前回と前々回は、浴衣の着付けと細帯で文庫結びの練習をしたのだけれど、今度は同じく細帯で、もう少し大人っぽい結び方を教えていただく。これからの季節、小紋などで出かけるのに使えそうだ。

細帯を使って、角出し風に結ぶのだ。帯揚げと帯締めを使うので、文庫よりちょっとお出かけっぽい感じがするし、背もたれに寄りかかっても大丈夫そうだ。

そして、浴衣ではなく着物に戻って、下着や長襦袢からきちんと着てみる。近いうちに実際に着て出かけるつもりなので、というか、翌日の観劇(柿喰う客「真説・多い日も安心」千秋楽)に着て出かけようと思っていたので、けっこう真剣。(翌日……つまり今日になってみたら、天気予報の降水確率があまりに高いので、着物で出かけると言う野望は断念してしまったのだが)

身につけるものを順に確認し、帯の結び方を教わり、繰り返し帯の結び方の練習をする。

帯の結び方は、これまでの細帯に比べるとちょっと難しい。そして、それ以上に面倒なのが、季節感。浴衣なら着物と帯さえあればなんとかなるけれど、下着に長襦袢とそこにつける半襟、帯揚げも夏用のものでないといけないようだ。帯締めは大丈夫らしいけれど、それでも夏物の着物や帯に合わせて、出来るだけ涼しげな細目のものがいいのだという。

いや、そんなにいろいろ持ってないから(泣)。

とはいえ、着るつもり満々なので、真剣に選ぶ。とりあえず夏用の襦袢は、身内に借りる。まだ暑いので、下着はちょっと省略するものもあったり。帯揚げと帯締めは夏用ではないけれど、着物の雰囲気に合うものをなんとか見繕う。肝心の着物は、仕立て上がりの安いものをシーズン初めに衝動買いしたのがある。

で、この組み合わせでおかしくないかどうか、確認してもらい、OKが出る。

実際に着ようと思うと、まだまだいろいろ大変だけれど、ただ練習しているより正直面白い。ただ困るのは、着物や帯、その他の小物など、次々に欲しいものが出てきてしまうことだ。あまり衝動買いしないように、気をつけないと。
[PR]
by kiki_002 | 2008-08-31 23:41 | 習い事など | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/8954439
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
検索
画像一覧