「怪談 牡丹燈籠」
著者:三遊亭円朝
出版社: 岩波書店(岩波文庫)
発売日: 1955/06/25

まあ、このところすっかり「牡丹燈籠」の話が続いているので、いまさら……という感はあるものの、せっかく原作を読み終えたので、一応感想らしきものを。

こうして読んでみると、いかにも落語らしい因縁話(……というほど落語に詳しくないが、ま、イメージということでご容赦を)。そして花組芝居の舞台は、この物語の雰囲気を手堅くまとめている、という印象がまず最初にあった。

たとえば小ネタのうちのいくつかは、もともとの落語にあったものなのだ。セリフなども、印象的なものは原作にあるものを上手く活かしているように思える。話芸ならではのテンポのよい会話が、舞台でいっそう気持ちのよいリズムを生み出している。

若い侍が、酔った浪人に絡まれて、とうとう斬り殺してしまうのが、すべての発端。そして、殺された浪人の一粒種孝助の、長じて仕えた主人が実は親の仇である飯島平左衛門。この主従の交流と、平左衛門を殺したカップルを追う孝助の仇討ちが、この話の中心となっている。

そしてそこへ、平左衛門のひとり娘お露と、美男の浪人新三郎との恋物語が加わってくる。思い詰めて死んでしまったお露の幽霊が現れるときに、有名なカランコロンという下駄の音や、タイトルになっている牡丹の花を飾った燈籠が登場している。

舞台と比べて、原作の方がいっそう数々の因縁が絡み合い、それぞれが収まるところへ収まったという印象があった。

原作では、新三郎を殺したのはお露の幽霊ではなく、家来同様の伴蔵だったようだが、それじゃ幽霊はホントにいたのかいなかったのか、もしや幽霊話に乗じて新三郎を蹴り殺し、その金を盗んで成り上がったのでは、などと考えてしまったり。

孝助と夫婦になるお徳が単に若くてうぶな娘で、舞台のような奇抜なキャラクターではなかったのも興味深かった。

さて、明日はまた花組芝居の「怪談牡丹燈籠」を観に行くことになっている。今度は、原作との違いをじっくり確認するのも面白いかもしれない。
[PR]
by kiki_002 | 2008-09-13 23:23 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/9062943
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログパーツ
検索
画像一覧