柿喰う客企画公演 七味まゆ味一人芝居「いきなりベッドシーン」
平成20年11月22日(土)14:00~、王子小劇場にて。

作・演出/中屋敷法仁

出演/七味まゆ味

怪女優・七味まゆ味の超絶一人芝居!?
好奇心が暴走しすぎたハイティーンガールの生き様を
異常なテンションでセキララ大放出!!
恋に勉強に部活動! 売春、薬物、リストカット!?
青春っぽいモノ、片っ端からご堪能してやる!!
我が学園生活に「ヤリ残し」皆無!!
若さゆえの過ち? バッチコーイ!! (青春は合法的にっ)
(公式HPより)

好奇心旺盛過ぎる女子高生の入学式から2年生秋の修学旅行までを描く一人芝居。

いやぁ、ミニスカートの制服に身を包んだ七味さんのカワイイこと。それも、ストーリーがどんどん痛ましくなっていくにつれて、ますますキレイに見えてくる。

勉強やクラス委員のお仕事、部活や恋、青春っぽいことなんでもやりたい超ポジティブな女子高生。先生のよけいなひとことで、青春のダークサイドまで堪能しようと思っちゃったから、さあ大変。

気がつけば、クラスで浮いちゃってるじゃん。これぞ青春!いっそもっといじめられる方向で!

いや、このあたりの流れはもう、共感とか理解とかは必要じゃないのね。勢いとテンション、力ずくで観客を引っ張って行く。

いじめはどんどんエスカレートして、すでに常軌を逸してしまっているのに、「まだまだ足らない」という彼女の貪欲さはいったいなんだろう。

凄まじく痛々しい描写を、明るく元気よく笑顔で語っていくそのアンバランス。しだいに、そのポジティブさの下に透けて見える、傷ついている心。

冒頭で語られる、清水の舞台から飛び降りちゃった事件。入学式から2年の二学期までの状況が語られた後、その飛び降りの話に戻ったとき、同じセリフ・同じ仕草・同じ表情ながら、まったく違うものが見えてくる。

そして、ラスト。いやもう、すっかりやられた。

残酷でエグくて痛ましいストーリー。その中にどこか悲しい美しさを感じてしまうのは、たぶんこの劇団のテイストにすっかりハマってしまっているからなのだろう。

独特のハイスピードかつハイテンションなセリフまわし。そのリズムと多彩な語彙を駆使した言葉の繰り返しが、いっそある種の伝統芸能の型のような様式美に見えてきて、病み付きになってしまう。
[PR]
by kiki_002 | 2008-11-22 23:58 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://kiki002.exblog.jp/tb/9732175
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
検索
画像一覧