<   2007年 07月 ( 44 )   > この月の画像一覧
大槻能楽堂自主公演「蝋燭能」
7月27日(金) 19時開演、大槻能楽堂にて。
テーマは『能・狂言に観る鬼』

狂言「博奕十王」
博奕打:野村萬斎、閻魔大王:石田幸雄、前鬼:深田博治、後鬼・高野和憲
鬼:月崎晴夫、鬼:破石晋照、鉄杖鬼:野村万之介

能「鉄輪」
シテ(女):山本順之、ワキ(安倍晴明):江崎金治郎、ワキツレ(夫):江崎敬三
間(先船の宮の社人):野村万之介

数日前にHPをみると『ご好評につき27日のチケットは完売いたしました。ありがとうございました。』となっている。が、電話で聞いてみると、どうやら当日券が何枚かはでるらしい。

兵庫県芸術文化センターでの「国盗人」終演後、急ぎ大阪へ。
大槻能楽堂は大阪市の街中にあり、最寄の地下鉄駅から歩く途中、大阪城が見えた。

17時40分くらいに目的地に着くと、すでにけっこうな人数が集まっている。
もう無理かな?と思うが、よく見ると券を持っている人たちが開場を待っているらしい。

当日券を待っている人はまだわずか。これは大丈夫かも!と思い、のんびり並ぶことにする。
しだいに並ぶ人の数は増えているが、とりあえず券を持っている方が入場していく。

で、18時40分くらいに当日券をゲット。後方とはいえ正面のお席。
どうもこのごろ座席運がいいような気がする。ありがたや。

自由席と指定席があるらしく、自由席扱いで立ち見となっている方もずいぶんな人数だった。申し訳ない気がする。

で、どなたか(プログラムにお名前がない)のごあいさつ兼前説があり、
その後、まずは「火入れ」。15本の蝋燭に火がつく。
けっこう暗い。以前、別なところで蝋燭能を観たときは、能楽堂ではなくホールだったからか、蝋燭以外の光源も使っていたように思う。

「博奕十王」が始まる。閻魔様と鬼達が登場。暗いのでなおさら迫力がある。

最近極楽に行く人間ばかりなので、極楽に行く前に六道の辻で亡者をゲットしようとしているらしい。

やってきたのは博奕打。死人の白い衣装で萬斎さんご登場。
さっきまでの悪三郎とは違って、ひげもきれいにそってあるようだ。

意外に純情な鬼達をしたたかな博奕打が手玉にとって、とうとう極楽へいくお話。

終わって休憩になる。周囲の奥様方が「暗くて萬斎さんの顔がよく見えなかったわ」と言っている。当方も正直、まったくの同感。

休憩のあとは「鉄輪」。
夢枕獏さんの小説にもあった話なので、おおまかなストーリーはわかる気がする。

夫に新しい女ができて捨てられた妻が、貴船神社で社人からご神託を聞く。
鉄輪を頭にのせ三本の足に火をともし、怒りの心をかきたてると、鬼になれると。
夫は悪夢に苦しみ、安倍晴明に祈祷を頼む。
鬼になった女が現われるが、晴明の祈祷に追われ、呪いの言葉を残して去っていく。

鉄輪というのは、鍋や薬罐をのせる三本足の五徳のこと。

安倍晴明が祈祷をするとき、祈祷台に烏帽子と鬘を置く。これを鬼となった女が、男と新しい女だと思い、打ちかかる。蝋燭の灯りの中、鬼気迫るものがあった。

終演は21時30分くらいだったろうか。
お酒を飲んだわけでもないのに、なんとなくほろ酔い気分で宿へ向かった。
[PR]
by kiki_002 | 2007-07-31 04:46 | 舞台 | Trackback | Comments(3)
「国盗人」in兵庫
7月27日14時開演、兵庫県立芸術文化センターにて。

内装に木材を多用した落ち着いた雰囲気の会場。
朝6時過ぎに自宅を出て、12時前に到着。まぁ、ちょくちょく来るという距離ではない。

センター内のレストランで昼食をとり、開場を待つ。

公演日近くなってもチケットが残っていたので気になっていたが、
完売のため当日券はありません、という表示を見てちょっとうれしい。
1階席後方には補助椅子らしいものも出ていた。

開演は14時だけれど、その前にホワイエでビデオ上映が。
劇場のHPによれば「『国盗人』が100倍楽しくなる、プレ・レクチャービデオ」
開場が13:30、その5分後から上映するらしい。
が、手ぬぐい売り場とDVD売り場を眺めているうちに出遅れ、ビデオ前はすでに人がいっぱい。
椅子が並んでいる後方、人の頭越しにそれでも見えそうな位置を確保。

ビデオの中身はどうやら6月28日に世田谷パブリックシアターでやったポストトーク。
話の途中から、という感じでいきなり始まる。
後方だったせいか、話の内容が半分くらいしか聞き取れない。

でもまあ、たたんだ手ぬぐいでしきりに汗をぬぐう萬斎さんの映像を見ながら、
十字架の話や「実は皆さんは能を観たんですよ、と挑発したりして」などというお言葉を聞く。
15分程度の上映だった。

すでに劇場内に蝉の鳴き声が響き、いよいよだなあと思いながら席に着く。
センターブロックの9列目。たいへん見やすい。

通路が狭いためか、世田谷のように白石さんが客席の間を後ろから歩いてくるのではなく、
横の入り口から登場し、舞台に近づく。
白石さんが舞台の銃痕をしみじみ見たりしているとき、場内に携帯の音が。
電源切っとけよ!という数百人の心の声がいっせいに聞こえる(いや嘘です)。

前回、前から2列目で観て以来、すっかり主人公の悪三郎に感情移入しているため、
彼があの歩き方で登場してくるだけでドキドキする。

これまで、シェークスピアの悲劇は、誰にとって悲劇なのかわからなかったのだが、
主人公にとっての悲劇なんだなぁ、といまさらながら思う。

「いまのわたしは夢見る私、先のわたしの渡し守」という謡い。
悪三郎はいまの自分と違う自分でありたいと夢見ていたんだろうか。
2度目は白石加代子さんとともに謡う。
呪うことしかできない女達も、違う自分でありたいと夢をみたのだろうか。

たとえば悪三郎が杏をくどいたとき、自分が殺した杏の元の夫、見目麗しい王子様と呼んだ男への妬みを感じてはいなかっただろうか。

それに、彼自身が手にかけた幼い王子。
健やかで見目良い少年を殺したのは、王位への執着だけが動機だったのだろうか。

理智門に対しても?

それから、やはり痛ましいのは母とのやりとり。この戦で死ぬと言われ、
去っていく母に向かって、母上、と2度呼びかけるのを聞くだけで、せつなくなってしまう。

以前観たときと同じく、理智門との対比あたりから本当に悪三郎が哀れに感じられる。

決戦前夜、悪夢の中の悪三郎。
片手を胸に、もう一方の手は舞台の端をつかむ。その様子に胸が痛む。

薄っぺらな理智門の率いる一万の軍勢より、俺は影が恐ろしい……。
影はずっと彼の側にあったのに。

「馬をよこせ、馬をよこさば、国をやる!」叫びもむなしく、亡霊たちにつかまり、理智門の手にかかる悪三郎。
死の象徴である面を差し出す影法師に、抗うように首を振りながら仰け反るように倒れていく。

そして、静かに横たわる悪三郎から、面が落ち、ふたたび彼自身の顔がのぞく。

カーテンコール。
1度目は普通のカーテンコール。
しかし、次は悪三郎が王になったときに歌った曲が会場に流れ、
客席の手拍子に合わせてのご登場。

3度目くらいには、つい立ち上がってしまう。スタンディングオベーションなんて久しぶりだ。

萬斎さんが両手を上げ、観客に向かって大きく振る。
(この前は胸の辺りで小さく振っていたのだが)
舞台からはけていくときには、振り返って客席に投げキッス。

すっかり度肝をぬかれてしまい、友人に確認する。
「投げキッスしたよね?見間違いじゃないよね?」

う~、新潟にも行きたい!と思ってしまった。〈いや、行けないのだけれど)
[PR]
by kiki_002 | 2007-07-30 03:17 | 舞台 | Trackback | Comments(5)
宇都宮能〈宝生流〉
平成19年7月29日(日)13時開演、宇都宮市文化会館大ホールにて。

解説:藤城繼夫

仕舞「竹生島」 朝倉大輔
   「玉之段」 宝生和英

狂言「梟山伏」
山伏:野村萬斎、兄:石田幸雄、弟:高野和憲

能「熊坂」
シテ:前田晴啓、ワキ:宝生欣哉、間:破石晋照

27日の「国盗人」と「蝋燭能」についてまだ書いていないので前後してしまうが、
とりあえず今日観てきた分を先に。

2000人定員の大ホールだが、けっこう空席が目立つ。8割くらいの入りだろうか。
このところ萬斎さんの出る舞台を続けて観たが、
いつも満席で立ち見の出ているときさえあったため、もったいないような気がしてしまう。

「熊坂」を中心に、演目についての解説。終わると客席も明るいまま仕舞が始まる。

短い仕舞が終わり、つつつ、と石田さんが登場。
あ、もう狂言が始まるのね、という感じ。

様子のおかしい弟を心配して、石田さん演じる兄は山伏のもとを訪ねる。
で、山伏が祈祷をするのだが、その最中、突然、弟が両手を羽ばたくように動かし、ほうと鳴く。
梟のしぐさがなんともいえずおかしい。

梟がついたのならカラスの印を、と山伏が怪しげな呪文を唱える。
(「いろはにほへと……」なんていっているので、つい笑ってしまう)

が、そのうち兄まで梟につかれ、兄弟の間で右往左往しながら必死に祈祷を続ける山伏。

兄と弟が梟つきのまま羽ばたいて去っていき、ひとり舞台に残され、じっとしている山伏。
突然、山伏が梟のしぐさで羽ばたき、「ほう」と鳴く。ここで一番大きく笑いが起きた。
そのまま、山伏も羽ばたきながら去っていく。
とにかく3人の梟の仕草に笑った。

そして、「熊坂」。
配られたパンフレットに熊坂の台本が載っていたため、それを確認しながら観る。

ページをめくるとき、客席からいっせいにページをめくる音が聞こえる。
多くの観客が同様に内容を確認しながら観ているのだろう。
このために客席がずっと明るいままだったのだということにやっと気づく。

狂言のときはおとなしく、正直物足りないと思っていた客席だが、
咳払いもほとんど聞こえず、集中して観ている方が多いようだ。
地元の謡曲連盟が協力となっているので、謡いをやっている方なども多いのだろうか。

なるほど、多少なりとも内容がわかれば、それほど眠くならないのだな、と思いながら帰路についた。
[PR]
by kiki_002 | 2007-07-29 19:11 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
兵庫・大阪・京都
「国盗人」の兵庫公演を観ようと決めたときは、日帰りで観劇のみで帰って来るつもりだった。

だが、友人が同行することになり、
「せっかくだから……」ということで、前述のとおり大阪の能楽堂をまわり、
その後京都で1泊、翌日は京都観光、という盛りだくさんのプランになった。

大阪での蝋燭能終演後、京都のホテルへ。チェックインしたときには23時をまわっていた。
翌日も8時くらいにチャックアウト。けっこうきれいなホテルだったのに、短い滞在となった。

朝一番で一澤信三郎帆布へ。
少し並んだが、気に入った袋物を購入できて気分よく1日が始まる。

午前中は、下鴨神社のみたらし祭へ。
土用の丑の日に御手洗池で足を浸し、無病息災を祈るそうだ。
御燈明(ろうそく)に火をともし、冷たい水の中を歩いていく。
その蝋燭をお供えして手を合わせると、なにかさっぱりした気持ちになる。

それから晴明神社へ。
なにしろ、前夜の蝋燭能の演目は「鉄輪」。これは晴明さまにお参りせねば、というところ。

お昼は木屋町通の日本料理の店で優雅に懐石。
雰囲気も料理もよかったが、なにより店の方の対応が感じよかった。

ちんぎれや・唐長などで少々買い物。
夕方、新幹線で帰路についた。

突然決まったのに、充実した旅行となった。
同行し、京都のプランを立ててくれた友人に感謝。

27日に観た2つの公演については、また別に書きたいと思う。
f0140491_157372.jpg

[PR]
by kiki_002 | 2007-07-29 10:25 | 日々のこと | Trackback(2) | Comments(2)
贅沢な1日
昨日の午後、3度目となる国盗人を兵庫県立芸術文化センターで観劇。

センターブロックの9列目という席だったこともあり、これまでで1番全体がつかめた気がする。

最初に観たときは、面白い芝居だと思った。
2度目は、悲劇としての印象が強かった。
今回は、「夢」という言葉が特に心に残った。

相変わらずミーハー なことを言わせてもらうと、カーテンコールの最後に、萬斎さんが客席に向けて投げキッスをしたのがツボだった。

終演後、大阪市の大槻能楽堂へ向かう。
この夜の蝋燭能に萬斎さんが出演されるので、当日券が取れたら観ていこう、と思ったためだ。

幸い1時間ほど並んで席が確保でき、昼間とはまた違う雰囲気を堪能することができた。

たいへん贅沢な1日になった。
[PR]
by kiki_002 | 2007-07-28 08:25 | 舞台 | Trackback | Comments(2)
遠足の前
明日は遠足、という夜の子どものように、なかなか眠くならない。

まあ、無駄にテンションが高いのはいつものことだし、
こういうときは寝過ごすこともあまりないのだけれど、
寝不足のまま移動して、昼食をとって、午後2時ごろ眠くなったりしたらたいへんだ。

楽しみにしている3度目の「国盗人」。
観ている最中に眠くなったりしたら目も当てられない。

最近、大事な会議中だろうが、急ぎの仕事があろうが、
関係なく暴力的なくらいの睡魔が訪れて、つかのま記憶がないことがときどきある。
(ホントすいません……)

だから、好きな芝居の最中に発作的に眠くなったりしないよう、今日はもう寝よう。
残った荷造りは、起きてから……って、間に合うのかな?

まあ、とりあえず寝ます。
[PR]
by kiki_002 | 2007-07-27 01:55 | 日々のこと | Trackback | Comments(4)
のど飴
最近、劇場に行くときにはのど飴を持って行く。

ふだんは風邪でもひいたりしなければ、さほど咳などで出ないのに、
よりによってクラシックのコンサートやシリアスな芝居の最中などに咳き込みそうになり、
抑えようして、ずいぶん辛い思いをしたりする。

曲の切れ目や舞台転換のときに咳払いする方が多いのをみると、自分だけではないらしい。
劇場の空調のせいだろうか。

さあ、始まるぞ、というときにハンカチと飴をひとつ、手に持っておくことにした。
それだけでもずいぶん違う気がする。

昨日コンビニで買ったのは「あんずとすもものど飴」。
歯が痛くなりそうなので、ホントはノンシュガーがいいのだけれど、
可愛いパッケージとビタミンC&コラーゲン入りにつられた。

飴を買うのは、劇場に向かうときや近々観劇の予定があるとき。
なので、それだけでちょっと楽しい気分になる。
[PR]
by kiki_002 | 2007-07-26 07:59 | 飲んだり食べたり | Trackback | Comments(0)
失くす
指輪が見当たらない。

気に入ってここしばらく毎日していた指輪、以前このブログでも書いた珊瑚の指輪だ。

仕事から帰って台所に立ったとき、はずした覚えはある。
だから必ずうちの中にあるはずなのだが。

そう広いわけでもなし、いくら散らかってるとはいえ、どうして見つからないんだろう?
うちの中だからといって油断していると、以前にも似たようなパターンで、とうとう何年経っても見つからなかったものもある。
家の中に極小のブラックホールでもあるのだろうか。

無意識にしろ、指輪を置くところなど限られているように思うのだけれど、たぶんそういうところでないところに置いてしまったのだろう。

見つかるといいなぁ。
うちの中を徹底的に片付けるとか、なにか対策を考えるべきだろうか?
[PR]
by kiki_002 | 2007-07-25 07:56 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
兵庫へ
「国盗人」の兵庫での公演が今夜(25日19時から)始まる。

出演者の方のブログなどを読むと、昨日(24日)出演陣が現地入りしたようだ。

会場は兵庫県立芸術文化センター中ホール。
2005年10月にオープンしたまだ比較的新しい劇場で、有名な指揮者佐渡裕氏を芸術監督として迎え、専属のオーケストラを持つなど、意欲的な運営をしている。

私見ながら、兵庫県というところは文化に理解のある土地柄のようだ。

5年程前に大規模な県立美術館が開館したばかりだし、いくら景気は上向きだといわれていても、多くの自治体で財政状況への危機感が高まっている中、文化施設の整備にこれだけ力を入れることができるというのは、そういうものに理解のある県民性なのだろう、と思っている。

「京の着倒れ、大阪の食い倒れ」などというが、
してみると兵庫の人がこだわるのは『芸術文化』というところだろうか。
(もっとも、『ファッションにもグルメにもこだわってるよ』と言われるかもしれないが)

27日の早朝、わたしも兵庫へ向かう。悪三郎との再会が楽しみだ。
[PR]
by kiki_002 | 2007-07-25 02:54 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
「オイディプス王」追記
「オイディプス王」について先日書いた文章を読み返すと、我ながら固いなぁ、と思う。
なにしろこのテンションの高い芝居を自宅の茶の間で観たのだから、
周囲の環境とのあまりのそぐわなさにとまどって、気負ってしまったのかもしれない。
劇場で観たらどう感じただろう、とは考えずにいられない。

最初に通してみた直後はずっしりと重くて、繰り返して観ようとは思わなかったのだが、
気がついてみると、すでに何度か再生している。
そこは自宅で見る映像の手軽さで、シーンによっては早送りしたり、リピートしたりしてしまう。

先に書いた2つのシーンは、重いのだけれどやはり印象的で、繰り返し観ている。
終盤、眼をつぶしてからは観ていてつらいくらいなのだけれど、それでもつい観てしまう。

吉田鋼太郎さんのクレオンが血まみれのオイディプスを自分の上着で覆うところも好きだ。

それと、カーテンコールがとてもいい。

最初に麻実さんが舞台中央で膝を折ってお辞儀するところと、
萬斎さんによりそって、膝をつくところが大好きだ。

萬斎さんと麻実さん、おふたりが真っ白な衣装で並ぶ姿は本当に惚れ惚れしてしまう。
特に萬斎さんは話の終盤ずっと血まみれなので、白い衣装がまぶしく見える。

次はアテネバージョンのDVDを買ってしまおうかと迷っているところだ。
[PR]
by kiki_002 | 2007-07-24 08:11 | 映像 | Trackback | Comments(5)
  
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
ブログパーツ
検索
画像一覧