<   2009年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧
鈴舟 第2回公演 『オンリー・ユー』
平成21年2月28日(土)18:30~、シアターサンモールにて。

原案/田中完
作/塩塚晃平
演出/堤泰之

出演/麻生美代子、鶴ひろみ、やなしまみほ
高山奈央子、山本珠乃、小泉真希

和田太美夫、田中完、しおつかこうへい
大谷典之、中野順一朗

声の出演/内海賢二、川本裕之

鈴置洋孝プロデュースの流れを汲んで、2008年に旗揚げしたSpecial Playing Company 鈴舟の第2回公演とのこと。きっと、ハートウォーミングなコメディを観せてくれるのだろう、などという漠然としたイメージを抱きながら劇場へ向かう。

シアターサンモールは、好きな劇場のひとつ、。駅から近いし、キレイだし、ロビーの感じもなんとなく落ち着く。受付してみると、間近になって予約したにもかかわらず、申し訳ないようないい席をいただく。ただし、ひとつ前の席も両隣もなぜか体格のいい男性で、座席がやや狭く感じられてしまった。そういえば、全体に男性客の割合が高いように見えた。

舞台の上は、古ぼけた郵便局。若い女性客のクレームから始まる。どうやら現金自動預払機が故障しているらしい。トラブルに対応している郵便局員たちの前に現れたのは、人質にナイフを突きつけた強盗だった。

強盗が人質をとって立てこもった郵便局という、一種極限状態のはずの場所で、どこかとぼけたやり取りが続く。郵便局員やアルバイト、客、そして強盗もそれぞれ事情を抱えているらしく、どの登場人物もどこか奇妙で、微妙に噛み合わない会話がおかしい。その上、予想外の飛び入りがあったり、ピザを取り寄せて腹ごしらえをしたり。

そんな中で、夫婦の間の心の機微や、職場恋愛の葛藤、家族への愛情などが描かれていく。

ほとんど会話を中心に物語が進むけれど、どの役者さんも達者で、観ていて安心感がある。何度も声を立てて笑いつつ、終盤はホロリとさせられてしまった。

特に、麻生美代子さんが演じたおばあちゃん、最初はボケてしまっているのかと思ったのに、話が進むに連れて、鋭いセリフが次々と出てきて、実はいろいろわかってるんじゃないの?という気がしてくる。郵便局を出て、野次馬相手に演説する声を聞いたときなどは、笑いながらもなんとなくジンときてしまった。いやホント、素敵な女優さんだ。

みんな普通でそしてちょっと変な人ばかりなのに、それでもみんな一生懸命なのが少しせつなくて。できれば幸せになって欲しいな、なんて気分になる。ささやかな大人のおとぎ話。
[PR]
by kiki_002 | 2009-02-28 23:58 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
進化?
先月末には、携帯からレポートが確認できるようになったし、先日はトラックバックを承認制にできるようになったし、最近なんだかちょっとずつ使い勝手がよくなってる気がする、このブログ。

あとは、携帯で見るときにもう少し見やすい画面構成だといいのになぁ。ついでに、携帯用の画面でもスキンが選べると楽しいんだけど。いまの画面はあまりにも地味(!)なので。

シンプルさと広告が入らない(パソコンで見るとね)のと軽くてサクサク動くのが気に入って使い始めたブログなので、あまりいろいろな機能を期待するのも矛盾だろうし、トラブルやメンテナンスが少ないので、それ以上あまり多くは望まないけれど、やっぱり毎日使うものだからね。まあ、ちょっと便利だったり、使いやかったりする方がやっぱりありがたい。
[PR]
by kiki_002 | 2009-02-27 23:57 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
あ~あ
仕事帰り、電車を降りて駅前のスーパーへ。食料品などを買って、自転車で家に向かう。

家の前でポストから郵便物を取り出し、荷物を抱えたまま自転車を止めようとしたら、何かが前カゴから落ちた。

……あ、タマゴ(泣)。

そ~~っと、キッチンでパックを開いてみたら、10個のうち8個割れてしまってた。あ~あ、もったいなかったなぁ。
[PR]
by kiki_002 | 2009-02-26 23:52 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
シリーズここではない★どこか 1 「山へ行く」
著者:萩尾望都
出版社:小学館(フラワーズコミックス)
発行:2007/7/1

萩尾望都さんといえば、私たちにとってはもう、ある種神様のような存在だ。少女時代に出逢った「11人いる!」の面白さに驚き、「トーマの心臓」に衝撃を受け、「ポーの一族」に心を奪われた世代なのだから。高校時代には友人たちと、彼女の新作を読み漁ったものだ。

もう長いことご無沙汰だったけれど、久ぶりに買ってきた萩尾望都さんのコミックスは短編集。ささやかな日常と異界が微妙に近づき、重なり合い、また別れて行く、そんな10の物語たちが収められている。

中でも特に気に入ったのは、「宇宙船運転免許証」。死んだ弟の代わりに、宇宙船の運転免許証を更新に行く小説家の物語。日常の中のささやかな不思議。

「ゆれる世界」で描かれるのは、透きとおる翼の羽ばたきで揺らめく世界。いや、世界はいつも揺れている。だから、こんな天気のいい日には、ゆっくりと羽根を広げて風を感じてみよう。

あわただしい日常の中で忘れかけていた透明な思いが、静かによみがえってくる。『ここではないどこか』という、そのシリーズ名のとおりの10の物語。
[PR]
by kiki_002 | 2009-02-25 23:35 | | Trackback | Comments(0)
マニキュア
最近のお気に入りは、ややくすんだローズのネイルカラーに、白っぽいパールベージュを重ね塗りするパターン。

ローズはクラランスの225番。鮮やか過ぎない肌馴染みのいい色だけれど、マットなタイプなのでどうしても塗りムラが目立つ。そこでその上に、シャネルのヴェルニ51番、BEIGE MOIREを重ねる。以前は、このキラキラしたベージュだけ塗るのも好きだったのだけれど、いま塗ってみるとなんだか白過ぎて、もう少し赤みが欲しくなるのだ。

そうやって二度塗りした爪は、自分の肌の色に近くて、そのくせ光沢を含んで輝いてる。あ~、こういうの楽しいよねぇ。

冬の間、ずいぶん長いこと放って置いたけれど、手入れをし始めると、荒れていた指先もだんだんキレイになってくる。マニキュアや除光液で爪が痛むというけれど、自分としては、マニキュアを塗っているときの方が圧倒的に手荒れが少ない気がする。

こういう余裕を、できるだけ持っていたいと思うんだけど、ね?
[PR]
by kiki_002 | 2009-02-24 23:57 | ファッション | Trackback | Comments(2)
久しぶりに寒かった……
よね?風邪気味で寒気がするのかと思ったら、単に気温が低かっただけらしい。明日はもうちょっと暖かい格好をして仕事に行こうっと。

久しぶりといえば、昼休みに売店で知り合いに遭遇。しかも知り合い同士が立ち話してるッ!一網打尽だよ(←日本語の使い方間違ってます)。

で、そこに乱入して3人で立ち話。少し前に、3人ともある仕事に関係してたので、その話で盛り上がる。いまあれはどうなってるの?駄目?いろいろ問題あるって?でも……。

まあ、関わっていた仕事にはそれぞれ思い入れがあるし、いまは直接関係してなくても(いや少しは関係してるんだけど)、やっぱり順調に行っていて欲しいんだけどね。

それよりも、いま自分がやってる仕事をしっかりやらないとなぁ。やや行き詰ってることもあって……、ま、なんとかします、ハイ。
[PR]
by kiki_002 | 2009-02-23 23:57 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
グイン・サーガ第125巻「ヤーンの選択」
著者:栗本薫
出版社: 早川書房(ハヤカワ文庫)
発売日: 2009/2/10

スカールに助けられたヨナは、そのままスカールと旅を続けるのだけれど、どうやらお互い相性がいいらしく、わずかの間にずいぶん打ち解けてきたようだ。

スカールも昔のスカールではないし、ヨナも草原での出来事を通して、これまでとはやや考え方が変わりつつあるようだし。そういう意味でもこの出会いは、お互いにとってプラスになっているように思える。

ミロク教については、これからいろいろな事実や人物が登場してきそうで、興味深い。それを探りに行くヨナといつのまにかそれに同行することになったスカールの旅は、けっこう波乱に富んだものになりそうな気がする。

そして、イシュトヴァーンとカメロン。

あんな振る舞いをしているのを見てさえ、イシュトはホントに昔と変わってないんだってことが、実は少しうれしかったり。イシュトの言葉に、すべてを投げ打ってついて行ってしまおうとするカメロンの選択を心の中で是としながら、結局は適うまいと思ってしまったり。

ここでの別れが、この先に展開にどんな陰を落とすのか。イシュトは本当にパロを落とそうとするのか。ゴーラとケイロニアは、無事に友好関係を結ぶことになるのか。

そんなことを考えているうちに、架空の国の物語に、こんなに心を寄せている自分をおかしく思ってしまう。

あとがきを読むと、作者の栗本氏の体調はやはりあまり楽観視できるものではないのだと思いつつ、それでもこうして書き続けてくださっていることを読者としてうれしく思う。できうれば、少しでも長く書き綴ってくれるよう、ひそかに祈るしかないのだけれど。
[PR]
by kiki_002 | 2009-02-22 23:53 | | Trackback | Comments(0)
映画「感染列島」
いや映画なんて、ホントに久しぶり。この前、映画館に行ったのはいつだっただろう?

この映画、題材についても興味があったし、しゅうくりー夢の松田環さんと島田朋尚さんが脚本協力ということもあって、観に行きたいと思いつつ、なんだかんだで公開からけっこう時間が経ってしまった。

でもようやく今日、無事に観に行くことが出来た。

CMなどもずいぶん流れているので、タイトルなどはご存知の方も多いだろう。

日本を蹂躙する恐ろしい感染症。それと戦う医師を演じるのが妻夫木聡さん。そして、ヒロインには檀れいさん。お2人とも、清潔感と意志の強さを感じさせて、役柄のイメージにピッタリだった。

「医師としては優しすぎる」と言われる主人公の誠実さ。一方、目の前の1人を救うだけでなく、より多くの命を救うために何をすべきか、そのつらい選択を選び取っていくヒロインの凛々しさ。

主人公だけでなく、同僚も後輩も、保身ばかりと思っていた上司でさえ、真摯に人の命を救おうとしている。最前線の看護士さんたちも、つらい思いの中、みな必死で戦っている。医療関係者だけでなく、その家族も、周辺の人々も。この街で家族を守ろうとする人々も。

政府や行政の対応や、廃墟のようになってしまった街の様子については、最低限に押さえていたため、その辺りで物足りなさを感じる方もいるだろうか?個人的には、病院と主人公の行動範囲にしぼった視点によって、物語の焦点がボケなくてよかったと思うのだけれど。

群像劇として、多くの人々の思いを描きながらも、主人公とヒロインの場面がやはり印象的な映画だった。

この映画を観ていた2時間と少しの間に、結局5回ほど泣いてしまった。

人が人を救おうとする、その真摯な思いに打たれて1回。責任感の強い父の決断を眼にした少女の衝撃に2度目。日本を遠く離れた島に残ろうとするその人の思いに3度目の涙。母を待つ幼い女の子のあどけない表情に4度目。そして、クライマックスではもうずっと泣きっ放しだった。

人が死んでいく悲しみよりも、命を救おうとする人々の思いに打たれ、自らの無力さを歯がゆく感じながらも、決して希望を失わない人々の強さに感動した。

映画館でこんなに泣いたのは、初めてかもしれない。でも、これは決して悲しい映画ではない。多くの命が失われていくとしても。人は生き続けなくてはならないのだ。

たとえ明日地球が滅びるとも、今日、君はリンゴの樹を植える。(「感染列島」パンフレットより)
[PR]
by kiki_002 | 2009-02-21 23:45 | 映像 | Trackback | Comments(0)
今シーズン初めて、うっすらと積もった雪。昨夜遅くから降り始めて、朝には辺りが白くなっていた。

その風情を楽しむ間もなく、電車は通常通り運行しているのか、駅までの道のりにどのくらい積もっているのか、そんな心配をしてしまうのは、子どもの頃と違うので仕方ないといえば仕方ないけれど。

冷たいその手触りを確かめることもしないまま、雪は雨となり、積もっていた分も昼過ぎには解けてしまっていた。

なんだかちょっと……寂しいような気もして。もう一回ぐらい降らないかぁ、雪。
[PR]
by kiki_002 | 2009-02-20 23:53 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
サライ3月5日号 「能・狂言」幽玄なるこころの旅
出版社:小学館
発売日:2009/2/19

ふだんは買わない雑誌なのだけれど、能・狂言特集ということでついつい衝動買い。

能楽の歴史や基礎知識などがわかりやすく解説されていたり、5つの流派ごとに特徴が説明されていたり、まずは自分のような初心者にもわかりやすい手頃な入門書として読むことができそうだ。

面や装束などの解説も、写真入りでわかりやすいし。

それから、全国の能舞台のある宿や寺社仏閣での薪能・野外能などについて書かれたページも面白かった。昨年行ってきた厳島神社も出ていて、ちょっとうれしかったり。

インタビューやコラムなども多彩で、読み応えのある特集だった。

ひとつだけ残念だったのは、狂言では茂山家がメインだったということ。萬斎さんのお名前も出てこないわけではないけれど、インタビューとかがあると楽しかったんだけどな。

……いやいや、あまり贅沢は言わないようにしよう。とりあえず、これを読んで、次にお能を観に行くときに備えようと思う。
[PR]
by kiki_002 | 2009-02-19 23:16 | | Trackback | Comments(0)
  
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
ブログパーツ
検索
画像一覧