<   2009年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧
『ドリアン・グレイの肖像』
平成21年8月29日(土)14:00~、世田谷パブリックシアターにて。

作/オスカー・ワイルド
構成・演出/鈴木勝秀
音楽監督・作曲・ピアノ:前嶋康明

出演/山本耕史、須藤温子、伊達暁、米村亮太朗、三上市朗、加納幸和

19世紀末のロンドン。若く純粋で、そして素晴らしい美貌を持つ青年貴族ドリアン・グレイ。友人で画家のバジルが描いた、彼の肖像画。バジルの友人であるヘンリー卿の言葉に影響され、グレイはしだいに悪と快楽に溺れていく。しかし、年月や罪を重ねても、彼の美貌は衰えることはなかった……。

え~っと、これってどこまでネタバレ?いやだって古典だし、読んでなくてもどういう話かは知ってるよね、たぶん?そうでもないのかな?まあ、公演も今日で千秋楽だったし、とりあえずネタバレあります。ご容赦を。

開演直前、会場に流れてきたのは「スタンド・バイ・ミー」。そういえばこの舞台、スズカツ氏の演出だったっけ。

舞台の上では銀の髪の若者が、1枚の絵に向かってナイフを振り上げる。

場面は変わって。画家のバジルと友人ヘンリー卿の会話。バジルの傑作のモデルとなった美しい青年ドリアン・グレイの話題。そこへ当の本人が現れ、ヘンリー卿と知り合う。

若く美しいときは2度とないというヘンリーの言葉に心を動かされたグレイは、完成した肖像画に向かっていうのだった。「私の代わりにお前が歳を取って醜くなればいいのに」。

恋を知り、残酷な気まぐれや悪、快楽に身を染めていくグレイ。しかし、彼の容貌には罪による変貌も時間による衰えもなかった。彼の代わりに、バジルが描いた肖像画が歳を取り、醜くなっていったから。

秘密を知ったバジルを殺し、さまざまな罪を重ねながら、ある日グレイは、昔愛した女とそっくりの少女に出会う。彼女の善良さに打たれ、自分も変わるために、これまでの罪の証である肖像を切り裂こうとする。

しかし、ナイフで何度もその絵を切り裂いたとき、彼の上に死が訪れ、肖像が背負っていた老いや醜さが彼の上に現れ、肖像画はまた染みひとつない輝かしい若者の姿をとりもどすのだった……。


個人的な印象を言えば、竹宮恵子氏のマンガのように美しい舞台。ピアノの生演奏にのせて進んで行く、美しく同時に残酷な物語。ドリアン・グレイを演じる山本さんは遠目にもすらりとした美青年で、対するヘンリー卿は、珍しくも口髭とあご髭、そしてモミアゲのある加納さんが、チャーミングに演じていた。

悪徳を口にしながら、自らの手は決して悪に染めないヘンリー卿。最初は、彼がグレイを悪へと誘う誘惑者だと思った。観ているうちに、そうではない、彼は傍観者なのだと思い始めた。

知的で退廃的ではあるものの、彼自身は悪ではない。変わらないままのグレイをひとつの芸術として賛美するだけの普通の人間なのだ……と思った。

けれど、最後の場面で倒れたグレイの傍らに立つヘンリー卿を観たとき、やはり彼は誘惑者だったのではないかと、そんな気がした。その直前、善良に変わりたい、変わってみせる、と言って立ち去ったグレイの背に向かって見せた笑いもその思いに一役買っているのだろう。

いやいや、原作にはそんな風に書いてないはずだし、考えすぎかもしれない。あるいは、加納さんの演じるヘンリー卿の一筋縄ではいかない雰囲気が、そういうことを考えさせるのかもしれない。

肖像画がどう変わったか、多くは語られない。原作では、グレイが罪や悪徳を重ねるごとに、その結果が肖像を醜く変えて行く様子が具体的に語られていたけれど。

吊るされた大きなフレームがその絵を示しているだけの舞台。その空のフレームにグレイが何を観たのか、それを想像するのは、意外に恐ろしいことのような気がする。
[PR]
by kiki_002 | 2009-08-31 23:51 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
王子でショウケース
今日は、王子小劇場でPRIFIX3を観てきた。これは、さまざまな劇団の芝居を並べたショウケースイベント。短いものは20分、長いものでも1時間という短めの芝居を、12:00から21時過ぎまで続けて行うもの。

前回のPRIFIX2は「柿喰う客」目当てで観に行き、時間の都合でその「柿喰う客」だけ見て帰ってしまった。

今度のお目当ては劇団競泳水着の「地球の上で待ち合わせ」。花組芝居の堀越涼さんがご出演なのだ。

12:00 劇団競泳水着「地球の上で待ち合わせ」
13:10 ナカゴー「超能力学園Z」
13:40 ロロ「ディナー」
14:10 マーク義理人情「白鳥の湖」
15:20 自己批判ショー「自己批判ショーの、とても練習したコントたち」
15:50 Mrs.fictions「20 minutes made」
16:20 バナナ学園純情乙女組「遊ぶカネが欲しかった+ミニおはぎライブ」

で、コレをもう1セット繰り返すらしい。今回はとりあえずこれをひととおり全部と2度目の競泳水着を観た。 そこまでで、約6時間という長丁場。 けれど、ひとつひとつの芝居が短いせいか、あまり長くは感じなかった。

この中で、圧倒的にクオリティが高い「地球の上で待ち合わせ」。男女の微妙な恋の揺らめきや女同士のやりとり。 日常のささやかな思いをすくい上げる60分。

まあこの中には、1本だけでは観に行こうと思えないものもあるけれど、普通なら選ばないタイプの芝居もこうして見ると意外に興味深く、けっこう面白い企みだなぁと思ったりして。

朝、劇場に向かう前に投票を済ませ、夜、テレビをつけたら選挙の話題で持ちきり。 王子の街の地下にある劇場に半日こもっていたせいか、こういう現実的な話題に緊迫感がない。 そんな土曜日。この週末はしっかり舞台を堪能した。

これも詳しくはたぶん近日中に。宿題ばっかり増えてるなぁ~。
[PR]
by kiki_002 | 2009-08-30 23:55 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
雑食?
今日は、舞台の2本立て。

マチネは三軒茶屋で「ドリアン・グレイの肖像」。山本耕史さん主演で、花組芝居の座長様がヘンリー卿。

竹宮恵子さんのマンガのような雰囲気の、本当に綺麗な舞台。銀の長い髪のドリアン・グレイが美しく、珍しく口髭アゴ髭もみあげという姿の加納さん演じる誘惑者(?)ヘンリー卿がチャーミングだった。

それから池袋で「俺たちは天使だ!」。 昔のドラマのリメイク……ではなくて続編としてテレビで深夜に放送中のドラマの舞台版。 先月観てきた扉座の「新浄瑠璃 百鬼丸」でタイトルロールを演じた累央さんが気になって、観に行った。

なんていうか、荒唐無稽のドタバタアクションコメディ。夏らしく何も考えずに観られてけっこう面白かった。

どちらも充分楽しんできたのだけれど、よりによってまったく雰囲気が違う芝居で、かえって切り替える心配とかいらないくらいだった。考えてみると自分で笑ってしまいそうになったり。

節操がないっていうか、雑食っていうか。まあ、いろんな楽しみがあっていいよね?

例によって、もう少し詳しい感想は近日中に。でも明日も出かけるので、週明けになっちゃうかな?
[PR]
by kiki_002 | 2009-08-29 23:56 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
秋色メイク
昼間はまだけっこう暑いけれど、朝晩はめっきり涼しくなった。見上げる空の色が違う。もう秋なのだ……と思う今日この頃。

今日、久しぶりにBOBBI BROWNのカウンターに寄った。特に用があったわけではないけれど、なんとなくリップでも見たいと思ったので。

しっとりした質感のクリーミーリップカラーを試してみる。つけてみると、うるうると光沢のある仕上がりで、グロスもいらなそうだし、うるおいもたっぷりという感じだけれど、でもこれ、きっと落ちやすいだろうなぁ。なんとなく決めかねているうちに、せっかくなのでアイメークも見たり試してみたり。

で、結局買ったのはシマーブリック(数色のグラデーションでアイシャドウとフェイスパウダーを兼ねたパレット)のヌードという色。やや秋らしい落ち着いた色合いで、他のチークやシャドウと組み合わせると、このシーズンらしい雰囲気になる…というのはBAさんのセールストークだけれど、まあ確かに使い勝手の良さそうな色合いだ。

それと、最近出たというマスカラ。水にも汗にも油にも強いのに、お湯で落ちるから使いやすい、と進められてつい。

そういえば、夏の間はほとんどメークらしいメークはしていなかった。パウダーファンデーションを薄く塗って、口紅を塗るくらい。とにかく、顔中汗をかくので、メイクをしてもすぐ落ちてしまうし、下手に目元をいじると目にしみてしまう。

でも、そろそろ大丈夫かも。いや、まだけっこう汗はかくけど、気分的にはちょっとアイメイクもがんばってみたくなってきた。やっぱりもう、秋なんだなぁ。

f0140491_2217243.jpg

[PR]
by kiki_002 | 2009-08-28 22:19 | ファッション | Trackback | Comments(0)
コンビニにて……
仕事帰りにコンビニに寄った。牛乳、パン、ストッキング……。

あら、もうタイツ売ってる。それもストッキングの前、目立つところに3色(ボルドー・バイオレット・ブラウン)。けっこう色がキレイで、思わず買いそうになるけれど、イヤイヤまだタイツには暑過ぎるって。

雑誌売り場では、超久しぶりにアンアンを衝動買い。そういえば最近あまり雑誌とか買ってなかったなぁ……あ、シアターガイドは毎月買ってるけど。

今週の特集は、「写真をもっと楽しむ技術」。いや、このブログをご覧いただいてもわかるとおり、ほとんど写真とか撮りません(汗)。見たもの、感じたこと、メモ代わりに写真を撮るっていうのに憧れて、コンパクトタイプのデジカメを持ち歩いてみたりもするけれど。結局ほとんど使ってないし(汗)。

携帯だって、最近はけっこうよく撮れるようなのに。ま、自分の携帯はルックス重視で選んでるので、あまり機能は期待してないけど。

女性誌だから、写真についての記事も、携帯やコンパクトデジカメで撮るコツや逆に被写体としてより美しく(?)写るコツなんかが載っていてとっつきやすい。

週末、じっくり読んでみて、もうちょっと写真を撮ってみようか?なんて思ったりもして。

もしも近いうちに、このブログに飛躍的に写真が増えたりしたら、このアンアンが役に立ったのかも、と思ってください。……でも、あんまり期待しないでね。
[PR]
by kiki_002 | 2009-08-27 23:57 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
アロマテラピー教室
今日は、仕事の後、職場の福利厚生企画として行われたアロマテラピー教室に参加してきた。

実は、けっこうアロマ好き。

一番得意(?)なのは、ベースオイルにエッセンシャルオイルをアレンジして行うオイルマッサージ。最後に電子レンジで蒸しタオルを作って、それでオイルをそっと拭き取るのがポイント。

他にも、風邪の季節にはユーカリを使ったり、ミツロウをベースにしたラベンダーのハンドクリームを作ったり、拭き掃除のときにティーツリーをたらしたり。

さて、今日の教室の内容は。

①アロマの概要(歴史・使い方・注意点など)
②エッセンシャルオイルについて(代表的なオイル9種類を紹介)
③オリジナルスプレー作り(水・エタノール・エッセンシャルオイルをブレンドしたスプレー)
④オリジナルハーブティの試飲
⑤フェイシャルサウナ
⑥セルフヘッドマッサージ

後半のフェイシャルサウナとヘッドマッサージがとっても気持ちよかった。特に、ヘッドマッサージ。自分でやってもあまり気持ちよくないと思っていたけれど、教えていただいたとおりにやっていくと、いやぁ、気持ちいい。
肩も頭も凝ってるんだな~~。このマッサージ、ときどきうちでもやってみようっと。
[PR]
by kiki_002 | 2009-08-26 23:59 | 習い事など | Trackback | Comments(0)
はちみつ
冷たい牛乳にハチミツを入れて、スプーンでくるくるかき混ぜる。それだけなんだけど、疲れたときとかに飲みたいような、優しい味の飲み物になる。

せっかく低脂肪乳を常用してるんだけどね?甘くしたら、ダイエットには向きません(汗)。

でもまぁ……いいか。おいしいから。
[PR]
by kiki_002 | 2009-08-25 23:57 | 飲んだり食べたり | Trackback | Comments(0)
日光下駄
確か2年くらい前に、日光に行ったときに見かけたこの日光下駄。竹の皮で編んだ草履を麻ひもで台に縫い付けた下駄で、栃木県の伝統工芸品らしい。

そのときには買わずに帰ってきたけれど、それ以来、なんとなく気になっていた。

先日、職場の近くで実演販売をやるというので、ついつい出かけてみることにした。見ていて気になったのは、右近型の下駄で裏に薄くゴムが張ってあるタイプ。これなら、街中を歩いても、音がうるさ過ぎないし、第一、歩きやすそうだ。

下駄としてはやや高価かとも思ったけれど、作り手の方に「普通、下駄はワンシーズンだけれど、これは長く使えますから」と言われ、ついついその気になる。

下駄のタイプは早々に決まったけれど、問題は鼻緒。さんざん悩んだ末に選んだのがコレ。


f0140491_0242333.jpg
f0140491_0244784.jpg
f0140491_0251151.jpg



箱にも下駄の裏にも、作った方の名前が入っていて、作り手の自信を感じさせる。

この夏はこれで浴衣……と思っていたが、もう8月も終わっちゃうし。足袋を履いて、カジュアルな着物に合わせるっていう手もあるだろうけど、これはホントは素足に履くと気持ちいいんだよなぁ。

……もし、ジーンズでこの下駄を履いて歩いている私を見かけても、笑わないでください、ね?
[PR]
by kiki_002 | 2009-08-24 23:58 | ファッション | Trackback | Comments(0)
観世流仕舞入門 宅稽古⑤
で、今日も引き続き「熊野」を。

まずは通して舞ってみる。先週よりはマシかとも思うけれど、途中で真っ白になったところもあったり。

先生からは、いつも言われることだけれど、ひとつひとつの動きを丁寧に、と指導される。「優雅に」と3回も言われてしまった。すいません、人間がガサツなもので(泣)。

次の動きを意識しすぎて、ひとつひとつの動きを最後まで丁寧に終わらせていないようだ。

左右のとき、きちんとネジって向きを変えてから、前に出るように。特に左へ出るときに、向きを変える前に足が出てしまっているとのこと。

扇を開くとき、焦るせいか左手で迎えに行くのが早過ぎるらしい。1度扇をおろしてから、身体の前に扇を上げる。そのときに胸から扇を見るように。で、そこで両手で扇を持つ。

う~~ん、読んでる方にはわかりにくいと思うけれど、とりあえず覚え書きとして。

それと、最後の位置へ戻るところが、上手くいかない。どうも大きく回り過ぎてしまうようだ。

全体に、もっと丁寧に意識して動かないといけないなぁ……。

そろそろ次の曲へ移るかどうか、先生がちょっと考えてらっしゃる。「じゃ、次は『熊野』をどう舞いたいか、考えて舞ってみてください。で、大丈夫そうなら次の曲に入りましょう」と。

そうですか~~。今度こそ、少し自主トレしとかないと、カッコつかない……だろうなぁ。
[PR]
by kiki_002 | 2009-08-23 23:58 | 習い事など | Trackback | Comments(0)
手書き
だいたいペンで文字を書くってことが、ずいぶん少なくなっている。そりゃあ、鉛筆やボールペンでメモを取ったりはするけれど、人に見せる文章はもうほとんどパソコンを使ってしまう。

仕事はもちろんプライベートだって、年賀状は宛名も文面もパソコンだし、友人とのやり取りはほとんどメールだし、それどころかメモだって手で書くよりもパソコンに残す方が圧倒的に多い。

ある人に手紙を書きたいと思って、自分がまず最初にしたことは、パソコンで下書きをすることだった……ってのがなんとなく情けない。書いたり消したり膨らませたり削ったり、そうやってひとつの手紙を形にして、それからペンで清書しようと思ったのだけれど。

一筆箋やカードくらいは買い置きがあるけれど、気の利いた便箋や封筒がない。そして、お気に入りの万年筆は、いったいどこにしまったのだっけ?

そんなドタバタの末、ようやく手で書き始めてみると、どうもパソコンの下書きと勝手が違う。大筋はそのままだけれど、文章は下書きから離れて、微妙に違う文体になっていく。

不思議なものだ。書く道具が違うと文章も違ってくるなんて、思ってもいなかった。

パソコンにはパソコンの、手書きには手書きのスタイルがあるんだろう。個人的には、パソコンの方が饒舌で、同じことを言うにも多くの言葉を費やしてしまう。手書きで書くときは、ややまったりと言葉を選びながら進む。

他の人から見たら、それほどの違いはないのかもしれないけれどね。とりあえず、手紙の清書を終わらせて、他の仕事に移る前に、ちょっと考えてみなくちゃ……。
[PR]
by kiki_002 | 2009-08-22 23:57 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
  
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
ブログパーツ
検索