<   2010年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧
オトナシック
新宿伊勢丹で、GÉODÉSIQUEのワークショップ「オトナシック」に参加してきました。

石とパーツを選び、シルバーを磨き、銀線で石を留める。

ジィオデシックの現役制作スタッフ……というか、制作チーフの星野さんと制作の大河原さんが丁寧に教えてくださったので、不器用な自分でも、なんとか指輪の形になっていく。

他の参加者の方と話したり、それぞれの作った指輪を見ながら、1時間ちょっとで完成。

こんな感じです^^。

f0140491_12475.jpg
f0140491_13282.jpg

f0140491_23574760.jpg


何かをつくるのって、楽しいね♪
[PR]
by kiki_002 | 2010-07-30 00:04 | ファッション | Trackback | Comments(4)
椿版「天保十ニ年のシェイクスピア」
平成22年7月19日(月・祝)19:00~、新宿花園神社境内特設ステージにて。

椿組2010年夏・花園神社野外劇!
椿版 「天保十ニ年のシェイクスピア」

作/井上ひさし 
構成・演出/西沢栄治(JAM SEESSION)
プロデューサー/外波山文明

出演/
山本亨、丸山厚人、恒松敦巳、田渕正博、木下藤次郎 
李峰仙、加藤忍、江間直子(無名塾)、長嶺安奈

犬飼淳治(扉座)、伊藤新(ダミアン)、芹沢秀明、伊原農(ハイリンド)、平塚真介 
塚本淳也、鈴木幸二、山口森広、鳥越勇作、宮本翔太、趙徳安

岡村多加江、内山奈々(チャリT企画)、帯金ゆかり(北京蝶々)、和泉歩、浜野まどか、今井夢子

山森大輔(文学座)、石川ゆうや、水谷悟、仲田敬治 
倭文俊、大須賀隼人、清水修平、影山翔一 
  
β(WAHAHA本舗)、佐藤亜佑美、磯見美麦之、トン子 
瀬山英里子(渋谷ハチ公前)、増田あゆみ、槌谷絵図芽、高安智実(M.M.P)、岡田さやか 
徳留香織、根岸つかさ(劇団AUN)、河原杏子、福谷セイジ

水野あや、辻親八、下元史朗、外波山文明


いやあ~~、何これ?こんな面白いこと、毎年やってたの?……観終わって、最初に思ったのはそのことだった。

神社の境内に作られたテント。ステージはむき出しの地面。そこに、50人余りのキャストがずらりと並ぶオープニングは、それだけでワクワクしてくる。

シェイクスピアのさまざまな戯曲を、井上ひさしさんが縦横無尽に切り刻み、組み直し、ひとつの波乱万丈の物語とした『天保十二年のシェイクスピア』。

ときおり車の音が聴こえ、テントの隙間から空が見える空間で、歌や踊りを交えて語られる物語。

三世次や幕兵衛、ボロ安の娘 おふゆ、など役名を見ただけで「ああ、あの話!」と思ったりするのだけれど、ぞれも実は一筋縄ではいかなくて。

リチャード三世かと思えばイアーゴであったり、マクベスであったり。マクベスかと思えば、オセローであったり。ハムレットかと思えばロミオであったり。あの名セリフ、あの名場面が次から次へと現れ、しかし予想もしない展開へとつながっていく。

そして、クライマックスでは!追い詰められる三世次の向こうでテントが崩れ落ち、テントの外から群集が駆け込んでくるのだ!!いやあもう、ビックリした。

あがきながらも、三世次がとうとう自分の命運を知る場面では、反逆の意志をこめてテントの外で踊り続ける人の輪ができていたり。

本当に、お芝居って、なんて面白いんだろう?

冷房もないテントの中に、隣と肩がふれるほど詰め込まれて観るこの芝居。そんな状況など忘れて、私はきっとあんぐりと口を開けて観ていたに違いない。

そのくらいインパクトがあった。

拭っても拭っても汗をかく暑さの中、演じる方には過酷な現場だろう。崩れ落ちたテントを毎日また組み直すのだって容易ではあるまい。

それでも、演じる側の方ならきっと、あそこに自分も立ちたいと思うのではないだろうか。

祝祭めいた高揚を感じ、離れ難い気持ちを感じながら、電車の時間を気にしつつ、その場所を後にした。

気がつけば、風邪気味で熱もあったはずなのに、なぜか妙に足取りが軽い。神社の清浄な気が、病を取り除いてくれたのだろうか?境内に行ったのに、お参りさえしない罰当たりな自分なのだけれど。

それとも、あの芝居のパワーが、風邪など吹き飛ばしてくれたのだろうか。

本当に、お芝居ってなんて面白いんだろう?繰り返しそんなことを思いながら、家に帰った。
[PR]
by kiki_002 | 2010-07-29 00:27 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
バオバブ
お誕生日のプレゼントに、星の王子様とバオバブの木をいただいた。

f0140491_0521028.jpg
f0140491_0524824.jpg


そういえば少し前に、バオバブの木を見たことがないと、このブログに書いたことがあったっけ。覚えててくれたんだなぁ。

『星の王子様』って本が大好きなんだよね。いや、好きって言うか、子どもの頃、この本が家にあって、それを読んで育ったの。その中にバオバブの木が出てくる。

だからね、その本にあるように、バオバブは星をひとつ壊してしまうくらい大きくなる木……と思ってしまう(笑)。大丈夫、地球のような大きな星なら、壊れたりしないから。

でもまあ、このポッドで窮屈なくらいには、すぐに大きくなるだろう。そしたら、庭に植え替えてあげればいいらしい。

……そこまで無事に育てられればね。実は私、サボテンも枯らす女なんだよ~~。でも、枯らさないようにがんばります!
[PR]
by kiki_002 | 2010-07-28 00:59 | 日々のこと | Trackback | Comments(2)
花組芝居次回公演!
花組次回公演「花たち女たち」

東京公演 2010年11月4日(木)~14日(日)
全労斉ホール スペースゼロ提携公演

大阪公演 2010年11月19日(金)~21日(日)
ABCホール

公演概要
原作/有吉佐和子 『芝桜』『木瓜の花』(新潮文庫)
脚本/飯島早苗(自転車キンクリーツカンパニー)
構成・演出・出演/加納幸和

配役(完全ダブルキャスト)/
【夢たち】
木村正子:植本潤、西田蔦代:八代進一
阿や八:山下禎啓、江藤卓爾:北沢洋
芳沢延二郎:松原綾央、芳沢仙七:小林大介
女中お光:磯村智彦、ふじ:秋葉陽司
鶴弥:美斉津恵友、山田一人&湧井隆三:各務立基
安川誠:丸川敬之、山田一子:大井靖彦、
瀬川看護婦:横道毅、津川家の姉芸者 五郎丸:嶋倉雷象、
客(浅井):水下きよし 花村の女将:溝口健二、
芸者小吉(こきち):桂憲一、大僧正:二瓶拓也
若い客1:美斉津恵友、若い客2:丸川敬之
見巧者1:横道毅、見巧者2:秋葉陽司
江藤夫人:嶋倉雷象、河村屋の番頭岡本:桂憲一
三延(仙七)の弟子:美斉津恵友、鏡獅子の家老:水下きよし
鏡獅子の老女:加納幸和、鏡獅子の奥女中:松原綾央
タクシー運転手:山下禎啓、看護婦(美容整形) 嶋倉雷象

【恋たち】
木村正子:堀越涼、西田蔦代:谷山知宏
阿や八:加納幸和、江藤卓爾:水下きよし
芳沢延二郎:秋葉陽司、芳沢仙七:桂憲一
女中お光:嶋倉雷象、ふじ:北沢洋
鶴弥:二瓶拓也、山田一人&湧井隆三:小林大介
安川誠:美斉津恵友、山田一子:松原綾央
瀬川看護婦:溝口健二、津川家の姉芸者 五郎丸:大井靖彦
客(浅井):横道毅、花村の女将:山下禎啓
芸者小吉:丸川敬之、大僧正:磯村智彦
若い客1:大井靖彦 、若い客2:各務立基
見巧者1:加納幸和、見巧者2:北沢洋
江藤夫人:二瓶拓也、河村屋の番頭岡本:秋葉陽司
三延(仙七)の弟子:大井靖彦、鏡獅子の家老:山下禎啓
鏡獅子の老女:磯村智彦、鏡獅子の奥女中:横道毅
タクシー運転手:各務立基、看護婦(美容整形):丸川敬之


ひゃあ!!
完全ダブルキャストの一方【恋たち】の最初に名前が書いてあるのは!!
堀越さん!!!

うわ、何回観に行けるかな~~?
[PR]
by kiki_002 | 2010-07-28 00:40 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
女探偵vs怪奇探偵~Case File:鬼~』千秋楽
あ~あ、終わっちゃったなぁ……。

観に行くたびに、やっぱりこの劇団の芝居が好きだ!と思うんだよねぇ。今回は特に、25周年記念公演 夏の陣として、ファンの観たいものを全部詰め込んだサービス満点な作品。

その上、本日の千秋楽特別バージョンは、丑三進ノ助のパートを膨らませる3つの場面が加わって、ファンにはますますたまりません。

特に始まってまだ間もない辺り。進ノ助のあの歌、あのセリフ。そして、聴き覚えのあるあの曲!

あ~、丑三進ノ助のデビュー作(?)である、『大正探偵怪奇譚』3部作、大好きなんだよねぇ。通常バージョンでは登場しなかった進ノ助のファミリーも顔を出し、また平成版の「化生を狩る人間」に対峙する進ノ助への布石となるセリフも加わったり、ホントに、観ながら心の中できゃあきゃあ言ってしまいました。

もちろん、そういうファンサービスだけじゃなく、物語そのもののよさも際立って、納得のいく千秋楽でした。

そして、次の公演は1年後。予告編を観た感じでは、ギリシャ悲劇かシェイクスピアかという古典劇風の作品。

横井さんの声の響きが、古典風の言い回しにもよく似合ってた。

1年なんてあっという間……なんだという気もするけどね。でも、やはりいつもより長いインターバルを淋しく思う気持ちもあるし。

ま、そんな訳で、しゅうくりー夢の夏公演は無事に終了しました。皆様、お疲れさまでした!!
[PR]
by kiki_002 | 2010-07-26 23:58 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
土曜は……
マチネは、さきほどの記事にも書いたとおり、中野でしゅうくりー夢の「女探偵VS怪奇探偵」。夏休み東映まんが祭りのようなタイトル……だそうな(笑)。

ソワレは乃木坂で、「ノータリンベイビーズ ノーリターン」。横内謙介さんの善人会議時代の戯曲を花組芝居の水下さん演出で。

バーに併設されたこじんまりした空間。演出家や出演者が自ら客入れするなど、手作り感満載の心地よい雰囲気。花組芝居の役者さんや脚本を書いた横内氏も客席にいらっしゃって、なんとなく華やかな気分になる。

マチネの前には、蕎麦屋でビールと焼酎。マチネの後には、カフェでサングリア。ソワレはジントニックを飲みながら。

珍しくも飲んでばっかりの一日。芝居も友だちと飲むお酒も楽しかった。
[PR]
by kiki_002 | 2010-07-25 10:23 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
始まってます!!
25周年記念公演 夏の陣
しゅうくりー夢Vol.49 『女探偵vs怪奇探偵~Case File:鬼~』

ようやく土曜日のマチネで拝見!!いやあ、何この盛りだくさんな内容は!!

ふっと気がつけば、2時間15分があっという間。そして、しゅくりー夢ファンにはうれしいあの人やこの人の登場もあり。

いやファンだけでなく、初しゅうくりー夢だった友人も、「面白かった!」といって過去のDVDとビデオをお買い上げ。

残すところ今日と明日の2日間。今日の夜は、終演後にトークイベントありだし、明日の千秋楽は特別バージョン。

残り3公演、ぜひご覧になってみてください!!
[PR]
by kiki_002 | 2010-07-25 10:14 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
玉砕~
某国民的アイドルグループのコンサート。

東京公演のチケットをファンクラブで申し込んであったのだけれど、残念ながらゲットできなかった。

さんざん迷った末に、土曜日の公演を申し込んだのが敗因だったか……。まあ、週末はどう考えても激戦だよなあ。

最初に思ったとおり、平日を希望しておくんだった。ホント、残念。
[PR]
by kiki_002 | 2010-07-24 09:12 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
『花よりも花の如く』〔8〕
著者:成田美名子
出版社:白泉社(花とゆめコミックス)
発行:2010/7/10

お能マンガのはずなんだけど、主人公の憲人がドラマ出演してるここ数巻は、ドラマの話題が続く。

前巻は、劇中劇というか、マンガ中ドラマ(?)というか、憲人が出演したドラマをそのまま1巻で読ませた。……とはいえ、ドラマの中心になるのもお能の話題。まあ、だからこそドラマ初出演の憲人が重要な役を演じることになったんだったっけ。

で今回は、そのメイキング。要は、ドラマ撮影期間の憲人や共演者などの人間模様を描いてるっていうことなんだけど。

これまで、限られた世界の中で生きてきた憲人が、始めてのテレビドラマの現場に戸惑ったり、演じることに悩んだりしていく様子を繊細に描いていく。特に、ドラマで主役を務める人気俳優 藤井淋との間に友情が育まれていく様子が清々しくて、ふと学生の頃読んだこの著者の学園マンガを思い出した。

憲人が淡い恋心を抱いている葉月とのやり取りや本職である能の部分へのこだわりなども、丁寧に描かれていく。

ドラマの収録が終わり、ひとつのものを一緒に作ってきた仲間との別れが訪れる。その憲人の名残惜しい気持ちが、しみじみと伝わってくる。

初めてのドラマの現場が終わり、それが何を変えるのか。これからの展開が、ますます楽しみになってきた。
[PR]
by kiki_002 | 2010-07-22 23:57 | | Trackback | Comments(0)
始まりました!
本日初日でした!!

25周年記念公演 夏の陣
しゅうくりー夢Vol.49
『女探偵vs怪奇探偵~Case File:鬼~』

f0140491_03744.jpg
※ 画像の使用許可をいただいています。無断転載はご遠慮ください。

しゅうくりー夢の2大キャラクターが夢の共演!
女探偵冴羽優羽、推して参る!


作/松田 環
演出/島田朋尚
出演/松田 環、横井 伸明、島田 朋尚、宮田 彩子、鈴木 優介、更井 孝行 他

2010年7月21日(水)~7月26日(月)
於:中野ザ・ポケット

詳細は下記公式サイト(デジタルしゅうくりー夢)にて
PC用:http://www.o-ren.com/chou/
携帯用:http://www.o-ren.com/chou/i/


……といいつつ、自分で観るのは土曜日までおあずけ。
ああもう、待ち遠しいなぁ。
[PR]
by kiki_002 | 2010-07-21 00:00 | 舞台 | Trackback | Comments(2)
  
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
ブログパーツ
検索