<   2010年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
三連休のはずが……
今日は仕事。

イベントのお手伝いで、送迎用シャトルバスに添乗しました。乗車されたお客様にバンフレットと記念品引換券をお渡ししたり。

イベントの手伝いは17時頃終了。それから職場へ戻り、金曜日に終わらなかった仕事を片付けようとPCに向かったが、すでに集中力皆無。諦めて19時半ごろ職場を出た。

帰りに寄ったショッピングモールで予定外の服を購入。あ~、やっぱり衝動買いってストレス解消になるなぁ。

で、明日は某シンポジウムの受付。

17時ごろ終了予定なので、その後、今日できなかった分の仕事を今度こそなんとか。この山はいつ終わるのかな。結論が出るのは2月上旬だけど、とりあえず今月来月がピークか。12月以降はまた別の山が来ちゃう予定だし。

……とりあえず、観劇予定だけは死守できますように。
[PR]
by kiki_002 | 2010-10-10 23:57 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
ひさびさ……
マチネは「Project BUNGAKU 太宰治」。タイプの違う4組の短編がそれぞれ魅力的で濃密な舞台。

太宰の言葉がきらめくように立ち昇ってきた「HUMAN LOST」は、ひょっとこ乱舞の広田淳一さん翻案・演出。

青☆組の吉田小夏さんが翻案と演出を担当した「燈籠」は、いくつかの短編を女性の目線で組み合わせた緻密で端整な作品。

松枝佳紀さん(アロッタファジャイナ)の「ヴィヨンの妻」は、献身的な女と無頼な男のせつなくも色気のある関係に惹かれる。

谷 賢一さん(DULL-COLORED POP)の「人間失格」は、広く読まれている原作をわかりやすく見せる演出の力量と葉蔵を演じたコロさんの不安定な表情に魅了される。

ソワレはキャラメルボックス「シラノ・ド・ベルジュラック」。男気のある陽性のシラノが魅力的。これまで観たシラノの中で一番わかりやすく楽しかった。

マチソワ間に国立新美術館で「陰影礼賛」。

収蔵品を持たない展示専門というコンセプトの国立新美術館で、他の国立美術館の収蔵品を活用した企画展を開催する、というのがまず気になっていた。

『陰』や『影』をテーマに各美術館から選ばれた幅広い作品が展示されており、統一感より広がりを感じさせる内容となったように思う。

ひさびさ欲張りなお出かけ。満喫しました。
[PR]
by kiki_002 | 2010-10-09 23:58 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
10月!
1年を歴年よりも年度で考えることが多いのは、勤め人だからだろう。学生さんもそうかな。

で、10月。気がつけば今年度もちょうど折り返し。モタモタしていると、いま抱えてるミッションがコンプリートできそうもないぞ。しっかりやらないと。

まあ、仕事の話はともかく。最近めっきり書く回数が減ってる舞台の話題。

今月、まず楽しみにしているのが、Project BUNGAKU『太宰治』。いま小劇場界で注目の劇作家・演出家4人が、太宰治の小説をベースに約20分の翻案作品を上演し、競い合うという企画。

それから、彩の国芸術劇場の蜷川シェイクスピア『じゃじゃ馬馴らし』。

そして、久しぶりのシアター1010『ジョアンナ』。

最近入った地元の演劇鑑賞会での初観劇『セチュアンの善人』。

チケット確保済みなのは、まあこのくらい。この他、増えるのもあるかとおもうんだけど、まあ予定は未定だわね。秋はイベントも多くて、今月は仕事がらみのイベントで3回は休日出勤確定だったりもするので、増やせるかどうか、確証は持てませぬ。
[PR]
by kiki_002 | 2010-10-01 00:07 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
  
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログパーツ
検索
画像一覧