<   2012年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
やかん
やかんを買いました。

電気ポットは便利でした。いつでもカップラーメンが食べられるし。

だけど。

震災以来のささやかな節電対策の一環として、夏の間は電気ポットの使用を中止していました。今年は冬もやかんでお湯を沸かし、魔法瓶に入れておこうと思います。

相方も自分も勤め人で、昼間はほとんど家にいません。朝7時半から夜9時くらいまでは誰もいない部屋で電気ポットがお湯を温め続けていたのです。考えてみれば、なんて無駄の多い「便利」だったのでしょう。

やかんだって、実は電気で沸かしています。オール電化なので。でも、必要なときに必要なだけ、沸かせばいい。カップラーメンを食べるとき、お湯の沸く時間だけ余分に待てばいい。考えてみれば、自宅でカップラーメンを食べるのは、自分の場合、1ヶ月に1度かそこらのことです。

誰もいない部屋で一日中お湯を適温に保つために使っていた電気を、今まで無駄だと気づかずにいました。まだ他に気づいてないこともあるかもしれません。

原発は必要ですか?イエスであれノーであれ、それに対するたくさんの答えを目にしながら、必要かどうかではなく違う角度からの答えもあるだろうと思ったりするのです。

原発は必要でしょうか。それについて論じる論拠を持たない私ですが、とりあえずやかんを買いました。

少しずつでも、できることから……。
[PR]
by kiki_002 | 2012-12-11 23:06 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
『折れた竜骨』
著者:米澤穂信
出版社:東京創元社
発行:2010/11/27

うぉ~、この作家のミステリーはとても好きなんだけど、この方がファンタジーってイメージなかったよ。半信半疑で手にとってみれば、ガチで「剣と魔法の物語」でした。もう、なんて素敵♪

舞台は十二世紀、ロンドンから出帆し、波高き北海を三日も進んだあたりに浮かぶソロン諸島。領民から慕われる領主の死にからむ、暗殺を請け負う暗黒騎士とそれを追う遍歴の騎士、そしてその従者。聡明で勇敢な領主の娘の目線で語られる物語は、ファンタジー好きの心をきちんと捉えて、ページをめくる手がもどかしい。

いやぁ、面白かった!!ファンタジーは大好物だけど、しかも本格ミステリーなんだもの。ちゃんと、関係者が一堂に会して、謎解きする場面もあって。

魔法や呪いが存在する世界で、それでも論理が謎を解くことになるという枠組みがたまらなく面白くて、しかも登場人物がそれぞれきちんと魅力的で。

こんなにワクワクしながら読んだ本は久しぶりだった気がします。
[PR]
by kiki_002 | 2012-12-10 22:32 | | Trackback | Comments(0)
「宇都宮第九合唱団 第32回演奏会」
日 時/2012年12月1日(土)18:30開演
会 場/宇都宮市文化会館大ホール

指 揮/西本智実
管弦楽/日本フィルハーモニー交響楽団

ソリスト/日比野 幸(ソプラノ)、山下 牧子(メゾ・ソプラノ)、
経種 廉彦(テノール)、成田 博之(バリトン)

合 唱/宇都宮第九合唱団

曲 目/ブラームス:大学祝典序曲OP.80
ベートーヴェン:交響曲第9番 ニ短調 OP.125「合唱付」

4年ほど、この合唱団で第九を歌っていたのだけれど、最近はもっぱら聴きに行くだけとなっている。それでも、こうしてこの演奏会に出かけていくと、そろそろ年末……という気分になる。

自分でも歌っていただけあって、聴きなれたメロディーが続く。そして、第四楽章で300人近い合唱団による歌声が加わって、その響きに圧倒される。

舞台を埋める人々の声はよくまとまって、まるでひとつの祈りのように、2000人の聴衆が埋める会場をひたひたと満たしていく。

年末にふさわしい充足感を感じつつ、会場をあとにした。
[PR]
by kiki_002 | 2012-12-01 23:33 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
  
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログパーツ
検索
画像一覧