タグ:仕舞入門 ( 90 ) タグの人気記事
『班女』本番
昨日は地元の謡曲の会で、半年ほど稽古していた『班女』を舞いました。

正直、これまでになく仕上がりに自信がないまま本番当日を迎えました。

冒頭のシテ謡が、何度やっても謡えてない気がするんだよねぇ。そのあとも、舞いながら謡の掛け合いがあるのがネック。

謡そのものは、まあ下手でもそれなりにやるしかないんだけど、謡が安定してないから、舞のテンポがブレちゃうし。(←自業自得)

結局直前に何をやったか、といえば。

曲のストーリーを確認し、プロの謡を聞き込みました。いやぁ、その辺は最初にやるべきことじゃないの?と我ながら思います。

でも、その甲斐あって、本番では間違わずに舞うことができました。まあそれ以上のこと、たとえば風情とかそういうのは、自分の中では何とかしたいと思いつつ、たぶんそこまで追いついてない気がします。

それと、やっぱりもうちょいふだんからお能を観ないとなぁ、としみじみ思いました。とにかくいろいろと身についてないよねぇ。

でもまあ、いつも言うけど、アマチュアの発表会だから、下手でも間違っても誰の迷惑にもならないし、楽しんだもん勝ちだと思ってるので、そういう意味では楽しかったです。

はかまをつけずに着流しで舞いました。淡いグリーンベースに四季の花を散らした訪問着。帯は金茶。帯揚げと帯締めは鮮やかな緑。

着物もね、もうちょっと練習して、気軽に着られるようになりたいんだけどねぇ。この夏は、ちょっとふだんに着物を着てみようかなぁ。……って、割といつもいってるけど、なかなかできないんだよね。

さて、次はいったいどんな曲を教えていただくことになるかしら。
[PR]
by kiki_002 | 2013-06-09 07:51 | 習い事など | Trackback | Comments(2)
『班女 舞アト』
先日、仕舞の発表会がありまして、『放下僧 小歌』を舞いました。え~、間違いやら不足な点もいろいろありつつ、まあなんとか無事に終えることができました。

で、今日のお稽古の際、次に教えていただく曲を選びまして。

タイトルのとおり、『班女 舞アト』というのをやることになりました。シテ謡の部分が多いのと、扇の使い方がこれまでやったことのない感じなので、なかなか難しそうですが、面白そうな気もしています。

珍しく帰宅後に少しだけ復習。ちょっとやるき出たかな。

いまのペースだと、来年5月の市民芸術祭はこの曲を舞うことになりそうなので、それに向けて(?)がんばりたいと思います。
[PR]
by kiki_002 | 2012-11-25 23:31 | 習い事など | Trackback | Comments(0)
観世流仕舞入門 宅稽古「放下僧 小歌」2回目
気がつけば、2ヶ月近くご無沙汰でした。

仕舞の話題だけでも、5月の発表会のこととか、それが終わって次の曲を選んだこととか、いろいろあったはずなんだけど、とりあえず現在「放下僧 小歌」の稽古中。

どんな曲をやりましょう?という話題になって、優美なゆったりとした曲よりも、テンポのいいモノをやってみたい、と言った結果です。

昨年稽古していた「小袖曽我」と同じく、仇討ちのお話。

さてさて、何とか形になりますかどうか。とりあえず、頑張ってみたいと思います。
[PR]
by kiki_002 | 2012-07-04 00:41 | 習い事など | Trackback | Comments(0)
宅稽古 5月13日
この日のお稽古で注意されたのは、目線と姿勢、それと歩き方。

歩き方については、まあずっと言われてるけど。床を削るように摺り足で進む。これができないんだよねぇ。

そして、目線。足元を見ない。無駄にキョロキョロしない。一箇所をしっかり観るのではなく、後ろまで見るような気持ちで。あ~~?難しいです。

もっと簡単そうなんだけど、やっぱりできないのが、アゴをひくってこと。足元を見ないように、顔を上げると、どうやらアゴが上がってしまうらしい。

演目は引き続き「半蔀(はじとみ)」。今度の発表会で舞う曲です。

この曲はシンプルなだけに、一つひとつの所作を丁寧に、そして同時にメリハリをつけて舞いたいなぁ、と思うのだけど。

……なかなか思うように動けないのが歯がゆいです。
[PR]
by kiki_002 | 2012-05-14 23:43 | 習い事など | Trackback | Comments(0)
お稽古日記(2012.1.15)
日曜日には、今年最初の仕舞のお稽古がありました。

そして新たに『半蔀(はじとみ)』という曲に入りました。どうやら今度は夕顔の精を舞うことになったようです。

こういう女性的なたおやかな演目を教えていただくことが多いのは、優美にゆったりなどという要素を身に付けさせようとのご配慮なのだろうという気がするので、まあがんばりたいと思います(^^ゞ

ひとつひとつの動きはさほど難しいものはなさそうだし、それほど長い曲でもないので、おおまかな動きはそれほど時間をかけずに覚えられそうな気がします。その分、丁寧に意識しながら動いていこう、そして、足の運びに気をつけよう、などと、相変わらず課題は山積みです。

今度のお稽古までに、少し自主トレ(!?)をしておこう、などと珍しく気合いが入っているので、どうかこのやる気が持続しますように。
[PR]
by kiki_002 | 2012-01-18 01:10 | 習い事など | Trackback | Comments(0)
終わりました
11月20日(日)、仕舞の発表会が無事に終わりました。

『小袖曽我』、特に大きく間違うこともなく、無事に舞うことができました。

あれね、思ったよりアガらなかったわね。なんでだろ?けっこう客席も見えたし、いつもより余裕があって、気をつけながら舞うことができました。

アドレナリンとか出ちゃって、集中力が増してたのかな。(←テキトー)

あれ以上は、もっと修行するとか基礎体力つけて身のこなしをどうにかするとか、ダイエットして体型を整える(!?)とか、まあ短期間でどうこうってワケにはいかないだろうと思うので、とりあえずは満足です。(こうやって満足しちゃうから、からあんまり上達しないんだな)

会のあと、社中だけでこじんまりと懇親会がありました。次の曲は何にしましょう、なんて話もあったけど、何がいいですか?って先生、聞かれてもわかりません(T_T)

ご自身が幼いときから能の世界に馴染んでいらっしゃるから、当然知ってるとお思いかもしれませんが、不出来な弟子としては、お能を観るのだって年に数えるほど、いえ数えるほども観てないんです。

知ってる演目なんていくつもないし、その曲の仕舞が初心者向きかどうかもわかりませんし。

選んでいただいた曲を、文句言わずにやります。さて、何になるんだろう?楽しみです。
[PR]
by kiki_002 | 2011-11-23 12:48 | 習い事など | Trackback | Comments(0)
上を向いて歩こう
仕舞の稽古で、先生にいつも言われるのが、足の運びと目線について。

上半身がぶれないようにすり足で進むってことが、まだまだ出来ない。

でも、ついつい下を向いて足元を見てしまうってことの方は、気を付けていれば何だか改善できそうな気がするんだけど。

でも、それが意外と難しい。意識し過ぎると、今度はアゴが上がってしまうし。

日曜日に稽古があって、翌朝出勤途中でふと気がついた。あれ?もしかして私、普段から足元を見ながら歩いてる?

どうしてなんだろう、そんなに足場の悪いところを歩いてるわけじゃないのに、確かに下を見ながら歩いているのでした。そんなんじゃ、ますます姿勢が悪くなるじゃん。

明日からはちょっと意識して、顔を上げ、胸を張って歩いてみようか。ただし、そそっかしいのでつまずかない程度にね。
[PR]
by kiki_002 | 2011-11-02 00:41 | 習い事など | Trackback | Comments(0)
宅稽古 2011年10月2日
今日は、仕舞のお稽古日。

このところ、『小袖曽我』という曲を稽古している。11月の発表会にこの曲を舞う予定なので、いつも以上に真剣だったりする。(←いや、いつも真剣にやるように!)

すでにけっこう回数を重ねて稽古していただいているので、流れというか動きはだいたい把握出来ている気がするのだけれど、それ以前の問題も多々あって。

たとえば、足の運びとか。

目線とか。

メリハリとか。

重心がぶれないようにするとか(上下左右ともにね)。

基本というか、どの曲の時にも言われているはずなのに、出来ないんだよねぇ。困ったものです。

発表会までまだ時間があると思っていたけど、気がついたら稽古の日数はもうそれほどないんだよね。うちでももうちょっと稽古しておかなきゃいけないんだけど……これがなかなか出来ないんだなぁ。

いや、そんなこと言わずに、頑張りたいと思います。せっかくの機会ですしね。
[PR]
by kiki_002 | 2011-10-02 23:20 | 習い事など | Trackback | Comments(0)
稽古始め
仕舞の稽古始め。

昨日浅草のふじ屋で買ってきた干支のてぬぐいを持って、先生のお宅へ。

始まったばかりの玉鬘。年末年始にサボったため、すっかり忘れてしまっていて、先生には申し訳ないような出来栄え。

とりあえず、一緒に舞ってくださると、なんとなく思い出してくる。相変わらずリズム感がなくて、拍子を踏むところで何度もつまずく。

扇の扱いが難しいが、女性的なキレイな曲だ。

5月の市民芸術祭に出るとしたら、この曲を仕上げてやってみたい気がする。……となれば、多少うちでも練習しとかないといけないなぁ。
[PR]
by kiki_002 | 2011-01-09 23:43 | 習い事など | Trackback | Comments(0)
玉鬘(たまかづら)
さて、久しぶりに仕舞の話。

11月下旬、県芸術祭で『西王母』を無事に舞い終え、今回からまた新しい曲に入りました。

『玉鬘』。まだよく調べてみてないけど、字面だけみても、「妄執」とか「涙」とか、「怨み」とか「報い」とか、やや重たい言葉が連なっています。

同じ女性のものでも、この前までやっていた『西王母』は雅で華やかでしたが、今度のはやや女の執念みたいな内容の曲なのかもしれません。(←調べてから書けってw)

お拍子が多いのも、リズム感のない自分にはやや難関。

それ以前に、「足の運びが難しいです」と最初から先生がおっしゃってたりもするのです。

……ちょっと不安。まあ、時間はかかっても、気長にやってみようと思います。

まずは詞の意味をちゃんと確認しておかなくちゃ、ね。
[PR]
by kiki_002 | 2010-12-06 23:57 | 習い事など | Trackback | Comments(2)
  
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログパーツ
検索
画像一覧