タグ:国盗人 ( 20 ) タグの人気記事
『国盗人』―W.シェイクスピア「リチャード三世」より―
平成21年12月6日19:00~、世田谷パブリックシアターにて。

作/河合祥一郎
演出/野村萬斎
作調/田中傳左衛門
美術/松井るみ
衣裳/コシノジュンコ

出演/
野村萬斎、白石加代子
石田幸雄、大森博史、小田豊、山野史人
月崎晴夫、じゅんじゅん、すがぽん、泉陽二、若松力、中村美貴
時田光洋、坂根泰士、平原テツ、入月謙一
大竹えり、黒川深雪、髙島玲


2007年の初演を観て、すっかりハマってしまったこの作品。シェイクスピアの「リチャード三世」を元に、狂言やその他さまざまな要素を大胆に組み入れて、印象的な舞台を作り上げていた。

2年半ほど経って再演された作品を観て、改めて強い印象を受けた。

「悪党になるしかない」と、悪三郎=リチャード三世が冒頭で独白する。戦いが終わって訪れた平和に、喜びを見出せないのは、自分が醜く人に愛されないからだと。

自ら手にかけた男の妻を娶り、兄を陥れ、幼子を手にかけ、共に陰謀を重ねてきた臣下を殺め、次々と悪事を重ねていく。

初演時にあったいくつかのお遊びがなくなり、全体にシンプルになっただろうか。その分、悪三郎の悪党ぶりが強調されているのかもしれない。

そんな陰惨なストーリーなのだけれど、なぜか、悪三郎を憎むことはできない。

特に終盤。実の母から戦場での死を予告され、手にかけたものたちの亡霊にうなされる様子を観るとせつなくなってしまう。

宿敵 理知門との対決前夜、舞台手前に横たわる悪三郎。現れる亡霊たち。呪いの言葉を浴びて、苦しそうに片手を胸に、もう一方の手で舞台のふちをつかむ。その孤独で不安な魂が哀れで、胸が痛む。

一夜明けて、戦いの日。最初のうちは獅子奮迅の戦いぶりを見せる悪三郎なのだけれど、戦場で馬を失ってしまうと、不自由な足では戦いも覚束ない。「馬をよこせば、国をくれてやる!」血を吐くような叫び。

悪三郎が亡霊たちに動きを止められたとき、理知門の刃が彼の上に。ゆっくりと弓なりに倒れていく悪三郎。

そして、勝利と正義に酔う理知門の後ろに、悪三郎とともにあった影がそっと寄り添う……。

戦火を浴びて焼け落ちたような能舞台。最初と最後に現れる日傘の女。死の象徴となる面。お囃子の生演奏。舞台の奥の舞台。

影役のじゅんじゅんさんの巧みさや理知門を演じる若松力さんの凛々しい声、主要な女性4人を演じる白石加代子さんの鬼気迫る演技。そして何より、舞台中を悪三郎として駆け抜ける萬斎さんの存在感がこの舞台の独特の世界観を成立させているような気がした。

和でもなく、洋でもない。古典でもあり、モダンでもある。薄闇の中の独特の雰囲気が心地よく、陰惨なはずの物語がどこかせつなく哀しいものとなった、そういう舞台。

ただひとつ、初演との違いで言えば、王位を得た悪三郎がハンドマイクで歌う場面がなくなったのが、個人的には淋しい。作品としてみたら、それで完成度が高まるのかもしれないけれど、型破りなこの舞台の象徴のような場面だと思っていたので。
[PR]
by kiki_002 | 2009-12-10 23:58 | 舞台 | Trackback | Comments(2)
観劇三昧
この週末は、久しぶりに続けて東京へ。

土曜日は、まずは渋谷へ。久しぶりに会う友人とハチ公前で待ち合わせ。あまりにもベタな場所だけれど、駅前だしシアターコクーンへ向かうんだから、ここが便利。

そう、コクーンで「十二人の怒れる男」を観るのだ。映画で有名なこのストーリーを、蜷川幸雄さんの演出と豪華なキャストでじっくり。

……の前に、その友人と腹ごしらえ。最初から一緒に飲むつもりできたので、ワインをグラスでもらう?それともデキャンタにしちゃう?と聞くと、迷わずデキャンタと答えるツワモノ(笑)。

芝居の方は、濃密で緊張感のあるセリフ劇。あまりにも誠実な男を演じる中井貴一さん。舞台で拝見するのは初めてだけれど、なかなか好みの声。西岡徳馬さんとのガチンコなやり取りは素晴らしかった。

カーテンコールでは、数人がスタンディングオベーション。自分も立ち上がろうか、一瞬迷いつつ、決断がつかなかった。

その友人と軽くお茶を飲んだ後、彼女と別れて、次は新宿へ。金曜日に引き続き、サザンシアターで「サツキマスの物語」。 回を重ねるごとに、愛すべき登場人物たちに、感情移入したりして、ますまう愛着のわいてくるようなどこか懐かしく優しい芝居。


……で、日曜日もまた東京で観劇。いいのか、こんなに出かけていて?という多少のやましさを抱えつつ、とりあえず新宿へ。

マチネは、劇団扉座『サツキマスの物語』千秋楽。厚木で1回、新宿で3回、計4回観たことになる。百鬼丸のとき1回しか観られなくて、とても残念だったこともあり、今回はけっこう気合の入った観劇体制。

千秋楽ということで、カーテンコールでは横内さんの挨拶。扉座は、再来年30周年を迎えるけれど、いまもまだアマゴのまま。 いつかサツキマスになることを目指していきたい、と。

さて、観終わった感慨も消えないうちに、三軒茶屋に移動。世田谷パブリックシアターで、待ちに待った『国盗人』の再演を観る。

2007年の初演を観たときには、あまりの衝撃に、ついつい神戸にも観に行ってしまった作品。

戦火を浴びたような能舞台。響き渡るセミの声。劇場に入ったとたん、以前の感動を思い出す。

リチャード3世を翻案したこの作品。生のお囃子が心地よく響く中、現代劇でもない、古典でもない、独特の節回しで、長い独白をする萬斎さん。

王座に着く際の客席を絡めた演出や終盤の理智門との掛け合いめいた部分の面白さ。

実の母から、戦場での死を予告される場面や夢で亡霊たちにうなされる場面では、悪党のはずの悪三郎が哀れで、観ていて胸が痛む。

初演と変わった部分もけっこうあるが、もちろん変わらない部分もあって、どっしりとした充足感のある芝居だった。

他に何もしない、観劇ばかりの週末。

いやホント、月曜日から仕事も家事もマジメにやらないと、たぶん……バチが当たります。
[PR]
by kiki_002 | 2009-12-06 23:58 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
『十二人の怒れる男』とか、『国盗人』とか
久しぶりの友人からメール。12月に、シアターコクーンで『十二人の怒れる男』を観ようと思うんだけど、一緒にどう?という内容。とても映画の好きな方なので、この舞台を観たいというのも、なんとなく彼女らしい気がする。

声をかけてみようと思ってもらえたことがとてもうれしくて、彼女の誘ってくれた日は、他にも観たい芝居がいくつか立て込んでいる時期だったけれど、思わず即答してしまった。

その辺りで待ちに待った『国盗人』の再演があるし、扉座の公演もある。次の週末は、所属している合唱団の演奏会本番だし。

でもまあ、なんとかなるだろう、きっと。舞台の神様、よろしくお願いします♪

       ※     ※     ※

Bunkamura20周年記念企画『十二人の怒れる男』

1957年に上映された“法廷もの”の代名詞と呼ばれる映画「十二人の怒れる男」。
本年5月から日本でも「裁判員制度」が始まり注目を集める中、この作品に新たに挑むのは当劇場の芸術監督でもある蜷川幸雄。そしてキャストにはシアターコクーン初登場となる中井貴一、蜷川との待望の初顔合わせに期待に胸が高鳴ります。また、蜷川作品に欠くことの出来ない西岡德馬、他にも蜷川組初登場から常連組まで、緩急自在の頼もしい個性的な面々が次々と決定いたしました!(劇場HPから抜粋)

       ※     ※     ※

『国盗人(くにぬすびと)』―W.シェイクスピア「リチャード三世」より―

07年に世田谷パブリックシアター開場10周年記念プログラムとして上演され、好評を博した『国盗人』。
12月に待望の再演が決まりました。狂言の発想を用いた演出、身体性豊かな俳優たちの演技は、さらに進化を遂げ洗練を極めた舞台となることでしょう。どうぞご期待ください! (劇場HPより)

       ※     ※     ※

扉座第44回公演
横内謙介書き下ろし新作『さつきマスの物語(仮)』
長良川に現存する絶滅危惧種の大魚「さつきマス」は、鮭のように川を下り、海で育ってやがて故郷の川に還ってくる魚。
ただし、故郷の川で生まれた稚魚がすべて海を目指すわけではなく、多くの稚魚はそのまま小さな川魚として一生をその川で過ごします。海を目指して川を下り、見違えるような大魚となって還ってくるのは、稚魚の中のほんのわずかなのです。
多くの稚魚の中で、なぜ海を目指す個体が現れるのか。特殊な個体にだけ働きかける遺伝子があるとか、仲間からいじめられた個体が海に逃げていくのだ、とか、その理由は諸説語られていますが、未だその謎は解けていません。
そんな不思議な魚の伝説を下敷きにして、横内謙介が描く渾身のストレートプレイにご期待下さい。(劇場HPより)
[PR]
by kiki_002 | 2009-09-09 23:56 | 舞台 | Trackback | Comments(2)
テレビで舞台
まず忘れずに予約しておかなきゃいけないのは、3月9日(月)20時からデジタル放送の教育テレビで放送される「国盗人」。これはねぇ、ホント好きな舞台なの。前にテレビで放送したときは、アナログで録画しちゃったから、今度はしっかりデジタルで録らないと。

あ、同じ日の朝8:15からは、蜷川幸雄さん演出の「表裏源内蛙合戦」をWOWOWで放送するのね。

WOWOWといえば、ちょっと先だけれど5月にNODA・MAPの「パイパー」といのうえmeetsシェイクスピアの「リチャード三世」を放送するらしい。どちらも観たいと思っていたのに観そびれていた芝居なので、これも忘れないようにしないと。

こうして見ると、けっこう観たかった芝居をテレビでやってくれるんだなぁ。よくチェックしておかないと。

それにしても、ふだんはほとんど観ないWOWOWだけど、解約しないでよかった……。
[PR]
by kiki_002 | 2009-03-05 23:58 | 映像 | Trackback | Comments(0)
『国盗人』再演!?
野村萬斎さんの主宰する「狂言ござる乃座 38th」を観てきた。

配られたパンフレットの萬斎さんのご挨拶文の中に、『国盗人』についてふれた部分があった。そこには、「再演の予定もあり、海外での上演も目指しております」と書いてあった。おお!「再演の予定もあり」なのね~♪似たようなご発言はこれまでもあったかもしれないが、こうしてはっきり書いてあるのをみると、もうずいぶんと具体的に予定されているのだろうという気がする。

きっと来年だろうなぁ。何月頃になるんだろう?今年はなにげなく観に行った『国盗人』だけれど、再演となれば今度はしっかりチケットも確保して、何度か観られるようにしたいと思う。

「狂言ござる乃座」の感想はまた別途書きます。
[PR]
by kiki_002 | 2007-12-01 23:54 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
NHK芸術劇場 舞台中継「国盗人」
昨夜、NHK教育テレビで放送された「国盗人」。録画しておいたものを観た。

まだ劇場での記憶も新しい舞台をこうしてテレビで観るのは、ちょっと不思議な気がする。
世田谷だけでなく兵庫まで行ったことを思うと、なおさらだ。

劇場で観るときともっとも違うのは、場面によって視点が変わることだ。

客席後方から舞台全体が見えるように固定して映したのでは、
舞台の内容のよしあしとは別にひどく単調に見えてしまうのだけれど、
一方、場面によって視点を変え、アップを多用して映すと、
アップを映している時の舞台全体の動きが気になったりして歯がゆい思いをしたりもする。
やはり当たり前のことだけれど、舞台は劇場で見るようにできているのだ。

それから、画面が暗く、やや見づらい。
劇場ではもう少しよく見えたように思うのだが。

休憩を含め2時間50分ほどだった舞台を、2時間弱にカットしての放送。

ストーリーを重視して、物語に影響の少ない部分をカットしたのだとは思う。
が、遊びの部分が減って、初めて観る方には地味に感じられるかな、などと思ったりする。

そうはいっても、観始めるとはやり引き込まれる。

映像になってアップがあると、役者の表情が印象に残る。
特に、萬斎さんの狂言のときとは違う目の動き、いかにも悪党めいた鼻の辺りにしわを寄せる表情など、どうにも魅力的だ。(この芝居では醜いという設定なのだけれど)

後半になり、母と悪三郎のやりとりあたりから、全体が見えなくて歯がゆい、などと言ってるヒマもなく、ただただ悪三郎の表情に満足してしまう。

今回印象に残ったのは、「笑い」だった。

喜びの絶頂でも、絶望したときにも、悪三郎は笑う。
特に、「母にも見捨てられた」と言うときの笑いの壮絶なことといったら。
どんなに悪党であっても、この主人公を哀れに思わずにいられない。

そんなわけで、なんだかんだ言いながら、昨夜からすでに3回再生している。
[PR]
by kiki_002 | 2007-08-11 19:31 | 映像 | Trackback | Comments(4)
一段落
ここしばらく準備に追われていた仕事のひとつが、今日の午前中で一段落した。
ホッとして、ふと気がつくと今日からもう8月。
あまりにもありふれたことを言ってしまうが、このごろ時間の経つのがホントに早い。

特にこの一ヶ月あまり、急に遠出をしたり、
予定していなかった舞台を観たりでずっとバタバタしてばかりいた。
好きでしていたことではあるが、シワ寄せで滞っていることもたくさんある。
観てきた舞台や映像などの情報も自分の中でキチンと消化しきれないまま、
次々と貪欲に飲み込んでいるだけだ。

7月に劇場へ行ったのは8回。自分としては通常よりだいぶ多い。
このうち萬斎さんが出演された舞台が5本。
この5本はすべて7月に入ってから決めたもの。
6月末に観た「国盗人」に、すっかりはまってしまったためだ。
バタバタの主たる要因はこれである。

まあ、好きでやってることなので、誰かに文句を言う訳にもいかない。

それどころか今日も、どうしても外せない仕事さえなかったら、
「国盗人」の千秋楽のため、無理をしても休暇を取って新潟へ行くところだった。

14時になる少し前、職場で時計を見ながら、
「今頃、『りゅーとぴあ』では蝉の鳴き声が聞こえてるだろうなぁ……」と思った。

北村薫さんの「夜の蝉」という小説の中に、
「心には翅(つばさ)もあらん蝸牛」という俳句が引用されていた。
本来の意味とはずれるかもしれないが、
仕事をしながら遠く新潟へ思いを馳せている今の自分の心境に合う気がした。

いまごろ新潟では、夜の公演も無事に終わったことだろう。
立ち見も出たらしい満員の客席に向かって、
あの方は、カーテンコールでどんな笑顔を見せたのだろうか……。
[PR]
by kiki_002 | 2007-08-01 22:29 | 日々のこと | Trackback | Comments(6)
「国盗人」in兵庫
7月27日14時開演、兵庫県立芸術文化センターにて。

内装に木材を多用した落ち着いた雰囲気の会場。
朝6時過ぎに自宅を出て、12時前に到着。まぁ、ちょくちょく来るという距離ではない。

センター内のレストランで昼食をとり、開場を待つ。

公演日近くなってもチケットが残っていたので気になっていたが、
完売のため当日券はありません、という表示を見てちょっとうれしい。
1階席後方には補助椅子らしいものも出ていた。

開演は14時だけれど、その前にホワイエでビデオ上映が。
劇場のHPによれば「『国盗人』が100倍楽しくなる、プレ・レクチャービデオ」
開場が13:30、その5分後から上映するらしい。
が、手ぬぐい売り場とDVD売り場を眺めているうちに出遅れ、ビデオ前はすでに人がいっぱい。
椅子が並んでいる後方、人の頭越しにそれでも見えそうな位置を確保。

ビデオの中身はどうやら6月28日に世田谷パブリックシアターでやったポストトーク。
話の途中から、という感じでいきなり始まる。
後方だったせいか、話の内容が半分くらいしか聞き取れない。

でもまあ、たたんだ手ぬぐいでしきりに汗をぬぐう萬斎さんの映像を見ながら、
十字架の話や「実は皆さんは能を観たんですよ、と挑発したりして」などというお言葉を聞く。
15分程度の上映だった。

すでに劇場内に蝉の鳴き声が響き、いよいよだなあと思いながら席に着く。
センターブロックの9列目。たいへん見やすい。

通路が狭いためか、世田谷のように白石さんが客席の間を後ろから歩いてくるのではなく、
横の入り口から登場し、舞台に近づく。
白石さんが舞台の銃痕をしみじみ見たりしているとき、場内に携帯の音が。
電源切っとけよ!という数百人の心の声がいっせいに聞こえる(いや嘘です)。

前回、前から2列目で観て以来、すっかり主人公の悪三郎に感情移入しているため、
彼があの歩き方で登場してくるだけでドキドキする。

これまで、シェークスピアの悲劇は、誰にとって悲劇なのかわからなかったのだが、
主人公にとっての悲劇なんだなぁ、といまさらながら思う。

「いまのわたしは夢見る私、先のわたしの渡し守」という謡い。
悪三郎はいまの自分と違う自分でありたいと夢見ていたんだろうか。
2度目は白石加代子さんとともに謡う。
呪うことしかできない女達も、違う自分でありたいと夢をみたのだろうか。

たとえば悪三郎が杏をくどいたとき、自分が殺した杏の元の夫、見目麗しい王子様と呼んだ男への妬みを感じてはいなかっただろうか。

それに、彼自身が手にかけた幼い王子。
健やかで見目良い少年を殺したのは、王位への執着だけが動機だったのだろうか。

理智門に対しても?

それから、やはり痛ましいのは母とのやりとり。この戦で死ぬと言われ、
去っていく母に向かって、母上、と2度呼びかけるのを聞くだけで、せつなくなってしまう。

以前観たときと同じく、理智門との対比あたりから本当に悪三郎が哀れに感じられる。

決戦前夜、悪夢の中の悪三郎。
片手を胸に、もう一方の手は舞台の端をつかむ。その様子に胸が痛む。

薄っぺらな理智門の率いる一万の軍勢より、俺は影が恐ろしい……。
影はずっと彼の側にあったのに。

「馬をよこせ、馬をよこさば、国をやる!」叫びもむなしく、亡霊たちにつかまり、理智門の手にかかる悪三郎。
死の象徴である面を差し出す影法師に、抗うように首を振りながら仰け反るように倒れていく。

そして、静かに横たわる悪三郎から、面が落ち、ふたたび彼自身の顔がのぞく。

カーテンコール。
1度目は普通のカーテンコール。
しかし、次は悪三郎が王になったときに歌った曲が会場に流れ、
客席の手拍子に合わせてのご登場。

3度目くらいには、つい立ち上がってしまう。スタンディングオベーションなんて久しぶりだ。

萬斎さんが両手を上げ、観客に向かって大きく振る。
(この前は胸の辺りで小さく振っていたのだが)
舞台からはけていくときには、振り返って客席に投げキッス。

すっかり度肝をぬかれてしまい、友人に確認する。
「投げキッスしたよね?見間違いじゃないよね?」

う~、新潟にも行きたい!と思ってしまった。〈いや、行けないのだけれど)
[PR]
by kiki_002 | 2007-07-30 03:17 | 舞台 | Trackback | Comments(5)
贅沢な1日
昨日の午後、3度目となる国盗人を兵庫県立芸術文化センターで観劇。

センターブロックの9列目という席だったこともあり、これまでで1番全体がつかめた気がする。

最初に観たときは、面白い芝居だと思った。
2度目は、悲劇としての印象が強かった。
今回は、「夢」という言葉が特に心に残った。

相変わらずミーハー なことを言わせてもらうと、カーテンコールの最後に、萬斎さんが客席に向けて投げキッスをしたのがツボだった。

終演後、大阪市の大槻能楽堂へ向かう。
この夜の蝋燭能に萬斎さんが出演されるので、当日券が取れたら観ていこう、と思ったためだ。

幸い1時間ほど並んで席が確保でき、昼間とはまた違う雰囲気を堪能することができた。

たいへん贅沢な1日になった。
[PR]
by kiki_002 | 2007-07-28 08:25 | 舞台 | Trackback | Comments(2)
兵庫へ
「国盗人」の兵庫での公演が今夜(25日19時から)始まる。

出演者の方のブログなどを読むと、昨日(24日)出演陣が現地入りしたようだ。

会場は兵庫県立芸術文化センター中ホール。
2005年10月にオープンしたまだ比較的新しい劇場で、有名な指揮者佐渡裕氏を芸術監督として迎え、専属のオーケストラを持つなど、意欲的な運営をしている。

私見ながら、兵庫県というところは文化に理解のある土地柄のようだ。

5年程前に大規模な県立美術館が開館したばかりだし、いくら景気は上向きだといわれていても、多くの自治体で財政状況への危機感が高まっている中、文化施設の整備にこれだけ力を入れることができるというのは、そういうものに理解のある県民性なのだろう、と思っている。

「京の着倒れ、大阪の食い倒れ」などというが、
してみると兵庫の人がこだわるのは『芸術文化』というところだろうか。
(もっとも、『ファッションにもグルメにもこだわってるよ』と言われるかもしれないが)

27日の早朝、わたしも兵庫へ向かう。悪三郎との再会が楽しみだ。
[PR]
by kiki_002 | 2007-07-25 02:54 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
  
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
検索
画像一覧