タグ:堀越涼 ( 59 ) タグの人気記事
柿喰う客『俺を縛れ!』についての追記
もうさあ、いい加減切り替えようとは思うんだけど。

でもまあ、次の土曜日に「五右衛門ロック」を観るまで観劇の予定はないし、テレビはなんだか平坦に見えてしまって面白くないし、本を読むだけの集中力が復活しないし。

いま繰り返し読んでいるのは、この前観てきた劇団「柿喰う客」の芝居『俺を縛れ!』の台本。要するに、この舞台のインパクトからまだ抜けられないでいるのだ。

たとえば、独特のリズムのセリフが脳内でリフレインしてしまったり。「待ちなさい忠光」「待ちます忠光」とか、「ほめる」「ほめられる」とか、「あるのかしらないのかしら」とか、「通りすがりのゾンビです」とか。

役者たちのキレのある動きが、いまさらながら目に浮かんだり。(そういえばこれ、DVDとかつくらないのかな)

ふと思ったのは、もしや私は『リチャード三世』が好きなのか?ということ。ちょうど去年の今頃は、『リチャード三世』を翻案した『国盗人』に夢中だったし。この『俺を縛れ!』の江戸城へ攻め込む理由を言葉にしていくあたりの雰囲気に『リチャード三世』を思い出したりしたので。

いやまあ、そんなことはどうでもいいのだが、その『リチャード三世』の独白を思わせるような、戦う理由をつくっていく場面がとても好きだ。古くから仕えていた人のいい家老を犠牲にし、その仇を討つために攻め込むのだ、と言おうとして、一瞬、考える主人公。誰かの復讐のために戦う、というより、自分のために戦う理由が欲しい、俺は天下を取るために戦うのだとする、このあたりがすごく面白い。

ここまできても彼の執着しているのは、戦いそのものではなく「裏切り大名」としてのキャラクターだ、というところがまずおかしい。ここでの演技がシリアスであればあるほど、絶妙な違和感が残って、この話の(意図された)不安定さがハッキリしてくる。

台本を読んでいると、軽いアドリブのように思えたセリフのひとつひとつが、キチンと計算されたものであることがわかってくる。フィクションであることを強調するかのような、時代劇という「縛り」からワザと外した、たくさんの時事ネタ。芝居がかったところと、まるで素のように見えるところのバランス。考えているうちに、最初はやや疑問に思ったラストが、いまではこれしかない、とさえ思えてくるから不思議だ。

その芝居を活かして行くのは、役者たちの勢いとキレだ。

先日の感想で書いた堀越涼さんや玉置玲央さんだけでなく、コロさんのちょっととぼけたコミカルな役柄(でも立ち回りはカッコいい)とか、上意に従うあまり死ぬことになる七味まゆ味さんの上手さ(いやあの瀕死の様子!)とか、村上誠基さんのインパクトの強いキャラ作りとか、佐藤みゆきさんのカッコよさとか、佐野 功さんのスゴイ殺陣とゆるいギャグの落差とか、語り始めるとキリがないので詳しくは書かない。(単なる手抜きともいう)

もうこの「柿喰う客」、これから先も目が離せないじゃないか。
[PR]
by kiki_002 | 2008-07-05 23:57 | 舞台 | Trackback | Comments(2)
言ってるそばから……。
また、観たい芝居が出てくるし。

シアターガイドの8月号を買った。読んでるうちに気になってきたのは「道元の冒険」。坊主頭の並んだポスターに恐れをなして(?)見送る予定だったが、キャストのインタビューなどを読むとやっぱり面白そうだ。まあ、井上ひさしさんの脚本に蜷川さんの演出だもの、つまらないはずはないと思うし。

それから、これはちょっと先だけれど、「サド公爵夫人」。三島由紀夫の原作を、篠井英介さん主演、鈴木勝秀さん演出で上演。共演に加納幸和さんのお名前もあったりする。篠井さんと加納さんの組み合わせは、特に花組芝居のファンでない私でも観ておきたい気がする。公演は10月だけれど、チケットの発売は来週だ。

シアターガイドではなく、先日芝居を観たときの折り込みチラシで気になっているのは、劇団「東京ネジ」の「みみ」。いや、これはもう明らかに某キャスト目当て。先日の舞台とは、きっと全然違う顔を観られるに違いないと思うと、ジッとしていられない気がしてくる。

少し観劇本数を減らそうとも思っているのだが、ちっとも自粛できそうにない。まあ、意志が弱いのはいつものことだ。
[PR]
by kiki_002 | 2008-07-02 23:28 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
柿喰う客『俺を縛れ!』 2回目そして3回目
平成20年6月29日14:00~、19:00~、王子小劇場にて。

いや、久々にハマッた。なにしろ、テンションが上がり過ぎてしまい、ここ1週間で体重が3キロ落ちたくらいだ。(もとがもとなので3キロ減ってもたいして目立ちはしないけど)こんなふうに気分が高揚する感じは、たぶん去年の2月以来。ただし、あのときと芝居のタイプはぜんぜん違うけど。

友人を誘って観に行った2回目、正直ちょっと冒頭は入り込めなかった。台詞が聞き取りにくい。客席のノリもいまひとつだったせいか、ギャグが滑っている気がする。超パワフルな舞台を毎日毎日、しかもここへきて4日連続2ステージだもの疲れが出てるのかな?それとも、先週からの高揚は、錯覚だったかな?と思い始めたころ、疲れなど感じさせないテンションの玉置さんが登場し、舞台はスピードを増して疾走し始める。

あ~~、やっぱり好きだ、この感じ。錯覚じゃなかった。

将軍から与えられた「裏切り大名」のキャラにとまどい、玉置さん演じる軍事コンサルタントに翻弄される、律儀で人のいい大名。彼がキャラになりきることにのめり込んで行く様子がなんともいえずいい。メガネを外し「裏切り大名」になりきっていくところや兵を挙げるきっかけをつくっていくあたりは観ていて快感を覚えるほどだ。

他の登場人物もすっかりペースを上げて、グイグイと引き込まれる。

その物語の流れを最後でかわされてしまう部分、前回やや疑問を感じていた、終盤の全員集合の場面。2度目になると、ここが逆にひとつの見せ場だということがわかってきた。無秩序に見えるときも、暴れまわるときも、ちゃんと考えられているのが感じられてきたらか。

特に玉置さんが暴れているとき、近くの席から「あれ、本気なんじゃないの?」とつぶやく声が聞こえた。いや、マジに見えるくらい迫力のある暴れ方だけれど、誰にどこで飛び蹴りするか、誰をどこで追いかけるか、どこで取り押さえられるのか、ちゃんと決まっているようだ。それだけきちんと稽古してあるんだろう。

それでも終盤、お互いを笑わせようとしてたのはマジだったりするのかも。そういう人を食った演出をしそうな気もする。七味さんとコロさんのスピードネタには思わず笑ってしまった。

冒頭に、活劇系時代劇のパロディのようなオープニングのあと、「この一連の流れは、本編とはいっさい関係ありません!」と言って本編へと移るのだけれど、ラストでも全員でフルコーラス歌ったあと、暗転して「これで終われるわけがない」と堀越さんが言うのを、一番最後に玉置さんが同じその台詞で強引に締めるのだ。

この締め方はけっこう好きかも。「関係ない訳ないだろう!!」と思わず突っ込みを入れつつ、ちょっといろんなこと考えたり気になったり。

そうそう、上演台本を買って読んだら、けっこういろいろと面白かった。『グダグダになる』なんて、ホントに書いてあるんだから。

そんなわけで、結局当日券でソワレも観てから帰った。3回目は客席のノリもよく、気分のいい盛り上がりだった。

できれば今日の千秋楽にも行きたかったなぁ。
[PR]
by kiki_002 | 2008-06-30 23:54 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
結局、マチソワ
先週の土曜日に観た「柿喰う客」の『俺を縛れ!』。友人を誘い、今日も観に行った。

王子で待ち合わせして、面白いカレー屋さん(種類がいろいろあった)でラムカレーを食べ、劇場へ。14時の開演まで1時間もあるのに、けっこうな行列。自由席で受付順に入場できるからか、当日券を買うためか?とりあえず、予約してあったチケットを購入し、受付の番号札をもらう。

PRONTOでコーヒーを飲んでから、再び劇場へ。3列目の中央付近。観やすい席に座れたので、ひと安心。

冒頭は、なんとなく気持ちが入らなかったのだが、中盤から終盤にかけての怒涛の展開に、テンションが上がってくる。

で、マチネを観終わった後、再びPRONTOで今度はアイスコーヒー。連れはビールとゴーヤチャンプル風スパゲティ。駅まで車で来てしまったので、一緒にビールを飲めなくて残念。

迷った末、友人と別れてから、また劇場へ。とりあえず並んでみて、当日券が買えたら、ソワレも観ようと決める。すでに20人くらい並んでいたので、どうかと危ぶんでいたのだが、無事に(?)当日券をゲット。

……そんなわけで、結局マチソワ。いやでも、すっかり気分がいいので、行ったかいはあった。

詳しい感想は、たぶん近日中に。
[PR]
by kiki_002 | 2008-06-29 23:58 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
柿喰う客 第13回公演『俺を縛れ!』
平成20年6月21日(土)14:00~、王子小劇場にて。

作・演出・出演/中屋敷法仁

出演/高木エルム、七味まゆ味、コロ、玉置玲央、本郷剛史
(以上、柿喰う客)
村上誠基、石橋宙男、浅見臣樹、梨澤慧以子、佐野 功、
花戸祐介、森 桃子、川畑舞香
佐藤みゆき(こゆび侍)、こいけけいこ(リュカ.)
堀越 涼(花組芝居)、丸川敬之(花組芝居)

ブログを読み返してみたら、けっこう「柿喰う客」について書いた記事があったので、タグにまとめてみた。初めてこの劇団の公演を観たのは昨年の9月、第10回公演「性癖優秀」だった。11月には第11回公演『傷は浅いぞ』 を、1月に第12回公演『サバンナの掟』を観た。

そして昨日、第13回公演を観てきた。

今回もハイテンションな作品だった。大勢の登場人物がきちんと書き分けられているキャラ設定の見事さやスピーディな展開、勢いのある会話、役者さんたちの熱演もこれまでどおりだ。

しかし、今回はこれまで以上にハマった。どうしてだろう?いつもはその勢いにお腹一杯になってしまうのだけれど、今回はもう一度観たいという気にさせられた。

江戸時代。実権を握っていた父が死んで、将軍は、ひとつの改革を始める。諸国大名を掌握するため、大名の性格などについて調査する……のではなく、大名全員に幕府が指定したキャラを押し付けることにしたのだ。うわ、こんなふうに書くとわかりづらいね、これ。

とにかく、大名たちは幕府の、というより将軍の指定したキャラとして生きていかなくてはならないことになったのだ。スケベ大名とかモノマネ大名とか、ラーメン大名とか、まあぶっちゃけナンセンスな設定にうろたえる大名たち。

そんな大名の中のひとり、貧しい領地をなんとか守っていこうとする不運で生真面目な男が、裏切り大名というキャラを与えられてしまったから、さあたいへん。

幕府を裏切らないためには、指示通りに裏切り大名として幕府を裏切らなくてはならない?

困ったものだ。しかも、このキャラ令にそむくとお取り潰しの上、死罪だというのだから、ますますどうしていいかわからない。

そこに使わされた怪しげな軍事コンサルタントやら、紛れ込んでいた剣の使い手やら、その大名の娘やら、幕府に恨みを持って実際に謀反を起こそうとするものたちやら、将軍の言いつけどおり、迷わず瀕死の大名になろうとするものやら、将軍の愛妾やら息子やら、いろんな人の思惑が入り混じって、大騒ぎ。

謀反の準備が整い、裏切り大名のキャラがすっかり身についたその大名が、ついに江戸城へと攻め上るのだが……。

この大名役の堀越涼さんが、すっごくいい。最初の律儀な感じから、わけのわからないうちにしだいにキャラに飲み込まれて、天下を狙う野心家風になったり、予想どおりに土壇場でキャラ変更のお達しが出て別のキャラになったりするんだけど、どの場面でも説得力がある。気になって、うちに帰ってから思わずネットで堀越さんについて検索しちゃった、なんていうのは、恥ずかしいから内緒にしておいて。そういえばこの方、ネオかぶきの花組芝居に所属してるんだった。殺陣も、見得を切るのも、さすがにさまになっている。

花組芝居からもうひとり、将軍を演じていた丸川敬之さんもよかった。

それと玉置さんの演じる軍事コンサルタント。怪しい、なんてもんじゃない。ニターっていう笑いを見ると、もうメフィストフェレスかというくらい。それにひきづられていく大名とのやりとりは、見ものだ。しかもチャーミングだし。それと、この方の身体能力の高さは何?あの高さから、何回飛び降りた?公演終了まで、怪我などされませんよう。

今回の堀越さんと玉置さんについては、まだこのあと原稿用紙で10枚分くらいは語れる自信があるんだけど、読んでる人にウザいと思われそうなのでやめておく。友人には、惚れっぽいのもいい加減にしろ、と言われそうだし。

江戸城へ攻め込んで(殺陣もたっぷり堪能して)、いよいよ大詰め?という辺りから、一転して雰囲気が変わってくる。あれ、最初に観た『性癖優秀』もこんなふうだったんじゃない?みんな舞台に出てきてフリートークして、テーマ(らしきこと)が語られ、ちょっと偉い人が高いところからいい話して、玉置さんが服脱いで暴れて、カラオケをフルコーラス歌って。なんとなくグダグダした感じが面白いようなスッキリしないような。

物語をただその物語の中に収束させるわけにはいかないんだろうか……。

今回は初の「メタ演劇」という言い方をしてた(劇中の人物が“キャラ”を演じたり)けど、今回ばかりじゃなく、たとえば客席に向かって自己紹介をしたり、素の感じの(それも役者の素ではなく役の素で……ってどういうんじゃ)セリフがあったり、そういう方向性はいままでもあったような気がする。

それはそれで面白いんだけれど、ラストについてはなんとなく、テンポよく話を進めてきた作者が、最後はどう終わらせようか、迷っているように見えたりもする。だからちょっと、カタルシスが足らない気がする……んじゃないかな。まあ、これは私の勝手なイメージなので、見当違いかもしれないけど。

とはいえ、最後にもうひとオチあって、そこでプロローグとエピローグを対にしたりして、面白いつくりだとも思う。劇中劇ならぬ、劇外劇というところか。

最終的には、ラストも含めて充足感はあった。もしかして、実は作者の思うツボ、なのかも。

他の役者さんのことやポストパフォーマンストークについてなど、まだまだネタはあるのだけれど、ずいぶん長くなってしまったので、このくらいにしておきたい。あ~、久々に長文だよね、これ。
[PR]
by kiki_002 | 2008-06-22 21:02 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
はしご
マチソワというんだろうか、同じ日に昼公演と夜公演を観るのは実は苦手だ。昼と夜、同じものを観るというのならまだいいのだけれど、別々の芝居を続けて観ると、どうも一方の舞台はきちんと消化しきれないような気がする。

……と、言いながら。地方在住なので、時間の都合や電車賃節約のため、ついつい2つの公演をはしごしてしまうこともある。

今日は14時から王子小劇場で柿喰う客の「俺を縛れ!」を、19時からは世田谷パブリックシアターで「能楽現在形 劇場版@世田谷」を、観てきた。

いっそこのくらいタイプが違うものなら、どちらかの印象が薄くなることもないような気がする。その証拠(?)に、今日はどちらもすごくよかった。おとといのコンサート以来、気分よくテンションが上がりっぱなしだ。

あ~~、「俺を縛れ!」は6月30日までだって。もう1回観たくなってきた。平日19:30に王子なら、仕事終わって速攻で行けば間に合うんだけど、家に帰るのが深夜になっちゃうんだよなぁ……。どうしよう?

それぞれの感想はまた後で。
[PR]
by kiki_002 | 2008-06-21 23:58 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
柿喰う客 第12回公演『サバンナの掟』(再々演)
平成20年1月5日(土)19:30~、シアタートラムにて。

作・演出/中屋敷法仁

出演/高木エルム、七味まゆ味、コロ、本郷剛史、玉置玲央、深谷由梨香(以上、柿喰う客)

石橋宙男、大森茉利子、伊藤淳二、村上誠基、石黒淳士、
本田けい、加藤槙梨子、浅見臣樹、冨樫雅人、伊佐美由紀、
小西綾香、矢鋪あい、田畑諭、相沢美紀、出来本泰史、太田望海、

岡田あがさ(空間ゼリー)、金子優子(ひょっとこ乱舞)、
扇田森也(Mrs.fictions)、須貝英(箱庭円舞曲)、
千葉おもちゃ(マリッヂ・ブルー)、武藤心平(7%竹)、丸山彩智恵(劇団アルターエゴ) 

堀越涼(花組芝居)

この劇団の舞台を観るのは、これが3回目。なんとなく今、キてるっていうか、病みつきになるっていうか。諸手を挙げて大好き、っていうのとは少し違う気がするが、たとえば虫歯でうずく歯を、痛いとわかってるのに舌先で探ってしまうように、気になって目が離せない。(わかりにくい言い方で申し訳ない)

今回も大人数のキャストをそれぞれ印象的な役柄で動かし、早いテンポで人が出入りし、物語を見せていくその手腕。こういうところはとても好きだ。

しかし、物語が終盤に向かうあたりで、やや展開に気持ちがついていけなくなる。え~、そんなに……という感じで。そういえば、前に観た2作も、怒涛の勢いとテンションの高さに惹きつけられながら、ラストで少し距離を置いてしまう感じがしたが。

と、思っていたら今回は、物語の最後の最後でグッときてしまった。
「痛い純愛」とでも言うのだろうか、ピュアな雰囲気で物語が締めくくられる。そして、そのピュアさは深谷由梨香さんの演じた女子高生の存在感に大きく依存している気がする。『傷は浅いぞ』の崖っぷちアイドル役も見事だったが、今回は芯の強さを感じさせる綺麗さが印象に残った。

その他、キャストの中で今回印象的だったのは、『性癖優秀』の時にも出演されていた、花組芝居の堀越涼さん。登場した瞬間から、その怪しい壊れ具合に目が釘付けになる。いやでも、あのカッターのシーンは演じていて危なくないんだろうか?怪我などされませんように。

それから、『傷は浅いぞ』ではややおとなしく感じた玉置玲央さん。今回は充分、インパクト大。この役はもうなんていうか、目をそらしたいのにそらせない感じ?(わかりにくいけど、ほめてるつもり…)

コロさん、この人は潔癖な感じがとてもカッコいい。今回の役も凛々しい雰囲気に合っていて、当て書きかな?と思ったら、この前再演されたときは別の役だったそうだ。そう言われると、ちょっと別バージョンも観てみたくなってしまう。

七味まゆ味さんは、舞台のたびにまったく違う雰囲気で驚かされる。今回の役は、いかにもケンカの強そうな、でもちょっと単純で人のいい感じの女子高校生役が可愛かった。周りの人には見えない幽霊が、彼女だけには見えてしまう感じも面白かった。

この公演は、土曜ソワレ、日曜のマチネとソワレという3回だけの上演なので、あっという間にチケットが売り切れたらしい。この劇団がキてるのは、私にとってだけではないようだ。いつも言うようだが、観るたびに劇団としての勢いが感じられて、今後の展開が楽しみだ。
[PR]
by kiki_002 | 2008-01-06 02:27 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
今年初めて見る舞台は…
シアタートラムで上演される柿喰う客第12回公演『サバンナの掟』<再々演>だ。

昨年、この劇団の作品を2本観たが、どちらも勢いの感じられる舞台で、インパクト大だった。今日の19:30開演の回を拝見することになっている。うん、楽しみ~♪
[PR]
by kiki_002 | 2008-01-05 11:16 | 舞台 | Trackback | Comments(2)
柿喰う客 第10回公演『性癖優秀』
9月1日(土)19:00~、新宿シアターモリエールにて。

作・演出/中屋敷法仁

出演/高木エルム、七味まゆ味、玉置玲央、コロ、本郷剛史、中屋敷法仁(以上、柿喰う客)

斗澤康秋、大森茉利子、石橋宙男、目黒茂、石黒淳士、村上誠基、伊藤淳二
本田けい、小西綾香、加藤槙梨子、太田望海、伊佐美由紀、浅見臣樹、出来本泰史
古里美穂、花戸祐介、大石憲、目崎剛、高橋洋平、土井貴之

丸山彩智恵(劇団アルターエゴ)、武藤心平(7%竹)

堀越涼(花組芝居)

初めて観る劇団。公式HPを見ても、ストーリーがまったく想像つかない。
で、劇評等を探してみるとおおむね好意的な意見が多いような気がするが、そうでない意見も。
元気がいい・テンションが高い・面白い・登場人物が多い・下ネタが多いなどなど。

う~ん?どんななの?

シアターモリエールは久しぶり。でもこの階段には見覚えがある。
自由席なので整理券の番号順に入場すると、おっ、最前列が人数分空いている。案内をしてくれているお姉さんの「真ん中あたりが見やすいですよ♪」というお言葉を無視し(?)最前列を確保。

さほど大きくないこのステージで、どうやって29人ものキャストが芝居するんだろう、とちょっと余計な心配をしたりしているうちに、開演。

大勢の登場人物がそれぞれの場所でそれぞれの話を進めながら、最後はちゃんとひとつの物語に収束していく。
確かにハイテンションで下ネタたっぷり、ナンセンスでおかしいのだけれど、なぜだろう、どこか生真面目さが感じられる。なんていうか、外しかたもはしゃぎっぷりも、ちゃんと計算されてるんだろうな、と思えるような。

終演後には、千秋楽を除く全公演でアフタートークをやるらしい。
この日は、劇団代表兼脚本家兼演出兼出演の中屋敷法仁さんと、勢いのある動きと後半のハイテンション振りが強烈な印象だった玉置玲央さん。

裏話とか人気のある役者さんの雑談とか、そういうファンサービス的なものを予想していたのだがそうではなく、作品の成立過程とか、脚本家と他の肩書きとのジレンマとか、意外にまじめなトーク。客席からの質問もそのトーンを崩さず、演出の意図や装置の解釈などについて。

作品の破天荒ぶりと作り手の若い生真面目さがいい感じで印象に残った。

次回作は、大人数だった今回とは対照的に、4人芝居だという。
この作品で特に印象的だった役者さん3人が出演するようなので、また観に行きたいと思った。

※あいかわらずストーリーの説明もないわかりにくい感想しか書けないので、同じ芝居を観た方の適切でわかりやすい劇評を参考にリンクしておく。『休むに似たり。』速報→「性癖優秀」柿喰う客
[PR]
by kiki_002 | 2007-09-03 21:34 | 舞台 | Trackback | Comments(4)
  
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログパーツ
検索
画像一覧