タグ:野村萬斎 ( 84 ) タグの人気記事
観劇三昧
この週末は、久しぶりに続けて東京へ。

土曜日は、まずは渋谷へ。久しぶりに会う友人とハチ公前で待ち合わせ。あまりにもベタな場所だけれど、駅前だしシアターコクーンへ向かうんだから、ここが便利。

そう、コクーンで「十二人の怒れる男」を観るのだ。映画で有名なこのストーリーを、蜷川幸雄さんの演出と豪華なキャストでじっくり。

……の前に、その友人と腹ごしらえ。最初から一緒に飲むつもりできたので、ワインをグラスでもらう?それともデキャンタにしちゃう?と聞くと、迷わずデキャンタと答えるツワモノ(笑)。

芝居の方は、濃密で緊張感のあるセリフ劇。あまりにも誠実な男を演じる中井貴一さん。舞台で拝見するのは初めてだけれど、なかなか好みの声。西岡徳馬さんとのガチンコなやり取りは素晴らしかった。

カーテンコールでは、数人がスタンディングオベーション。自分も立ち上がろうか、一瞬迷いつつ、決断がつかなかった。

その友人と軽くお茶を飲んだ後、彼女と別れて、次は新宿へ。金曜日に引き続き、サザンシアターで「サツキマスの物語」。 回を重ねるごとに、愛すべき登場人物たちに、感情移入したりして、ますまう愛着のわいてくるようなどこか懐かしく優しい芝居。


……で、日曜日もまた東京で観劇。いいのか、こんなに出かけていて?という多少のやましさを抱えつつ、とりあえず新宿へ。

マチネは、劇団扉座『サツキマスの物語』千秋楽。厚木で1回、新宿で3回、計4回観たことになる。百鬼丸のとき1回しか観られなくて、とても残念だったこともあり、今回はけっこう気合の入った観劇体制。

千秋楽ということで、カーテンコールでは横内さんの挨拶。扉座は、再来年30周年を迎えるけれど、いまもまだアマゴのまま。 いつかサツキマスになることを目指していきたい、と。

さて、観終わった感慨も消えないうちに、三軒茶屋に移動。世田谷パブリックシアターで、待ちに待った『国盗人』の再演を観る。

2007年の初演を観たときには、あまりの衝撃に、ついつい神戸にも観に行ってしまった作品。

戦火を浴びたような能舞台。響き渡るセミの声。劇場に入ったとたん、以前の感動を思い出す。

リチャード3世を翻案したこの作品。生のお囃子が心地よく響く中、現代劇でもない、古典でもない、独特の節回しで、長い独白をする萬斎さん。

王座に着く際の客席を絡めた演出や終盤の理智門との掛け合いめいた部分の面白さ。

実の母から、戦場での死を予告される場面や夢で亡霊たちにうなされる場面では、悪党のはずの悪三郎が哀れで、観ていて胸が痛む。

初演と変わった部分もけっこうあるが、もちろん変わらない部分もあって、どっしりとした充足感のある芝居だった。

他に何もしない、観劇ばかりの週末。

いやホント、月曜日から仕事も家事もマジメにやらないと、たぶん……バチが当たります。
[PR]
by kiki_002 | 2009-12-06 23:58 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
第25回記念足利薪能記念講演第2夜『多僖々狂言』
平成21年9月13日(日)18:00~、足利市鑁阿寺(ばんなじ)境内にて。

ひゃあ、観てきてから1週間以上経っちゃったけど、これもとりあえず覚え書き程度に。


解説/石田幸雄

小舞「景清」後 野村万作

火入れの儀 火入れ乙女(来年成人式を迎える女性5名)

「千鳥」
太郎冠者:野村萬斎、主:深田博治、酒屋:野村万之介

「六地蔵」
すっぱ:野村万作、田舎者:石田幸雄、すっぱ仲間:深田博治、高野和憲、中村修一


足利薪能の25周年記念公演ということで、例年は1夜だけの公演なのだけれど、今年は土曜日に第1夜としてお能と狂言を、第2夜として狂言のみの公演が行われた。第1夜はあいにくの雨で、文化会館での公演となってしまったけれども、自分の訪れた第2夜は幸い天候に恵まれ、風情のある寺の境内での公演となった。

昼間は汗ばむくらいの天気だったのだけれど、日が落ちると急に気温が下がり、羽織るものが欲しいくらいになって、準備のなかった私は同行した友人に上着を貸していただいた(ホント、ありがとう!)。

18時開演でこの演目なら終演は20時前だろうと思っていたら、会場で終演予定時間を見ると、20時半くらいになっている。ん?なんで……、という疑問は始まるとすぐ解決した。

地元主催の行事なので、地元文化協会会長さんやら、来賓として市長さんやら、その上、野村万作さんと萬斎さんの挨拶もあって、そうこうしているうちに、ちょうど日の暮れる時間になってくる。

そういえば手作り感のある地域色の強いイベントで、そういう意味ではなんとなく好感が感じられる。野外ならではの開放感もあるしね。団扇と充実したパンフレットが配られるなども、行き届いていてありがたい。

さて、演目は。

能にもある「景清」の小舞を万作氏が舞う。合戦の場面の緊迫感と格調ある動きを堪能。

萬斎さんの太郎冠者による「千鳥」は、以前にも拝見しているけれど、こういうちゃっかりした役はホントにお手のモノという感じで、安心感のある舞台。千鳥の声や流鏑馬の掛け声など、萬斎さんの深みのある声をしっかり堪能できて満足。

そして「六地蔵」。初めて観る演目で、その話の面白さに笑い転げた。石田さんのトボけた雰囲気と、万作さんのじんわりした(?)小悪党ぶりが楽しく、すっぱの仲間があたふたと走る様子が問答無用に可笑しい。

開放感のある野外のステージで、気持ちよく笑って、いい時間を過ごすことができた。会場を出ると、道の両側に手作りの燈籠が並んで、石畳の通りがいっそう風情のあるものに変わっていた。地元の方々の心づくしに感謝。

f0140491_15255123.jpg
f0140491_15262255.jpg

[PR]
by kiki_002 | 2009-09-21 15:26 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
舞台芸術としての狂言「狂言劇場 その六」
平成21年6月28日(日)14:00~、世田谷パブリックシアターにて。

Aプログラム
≪二人の主人を一度にもつ狂言≫
『二人大名』(ふたりだいみょう)
二人の大名が通りがかりの男を太刀で脅して強引にお供にしようとする。ところが、逆に脅され立場が逆転してしまい・・・。大名が二人登場する珍しい趣向の作品。
通りの者:野村万作
大名:高野和憲
大名:深田博治

『縄綯』(なわない)
博奕に大負けした主人の借金のかたにされた太郎冠者は、ヘソを曲げて博奕相手の言うことを聞かない。主人が仕方なく連れ戻し、縄を綯(な)わせるが・・・。
太郎冠者:野村萬斎
主:野村万之介
何某:石田幸雄

-能楽囃子-
笛:一噌隆之、小鼓:田邊恭資、大鼓:亀井広忠

≪面を使う狂言≫
『雷』(かみなり)
薮医者が東の国に向かう道中、突然雷鳴が轟き、雷が落ちてくる。したたかに腰を打って苦しむ雷に医者が針治療をすると、雷は痛みに七転八倒。ようやく治るが治療代の持ち合わせがなく・・・。
雷:野村萬斎
藪医者:石田幸雄
地謡:深田博治、高野和憲、月崎晴夫、時田光洋、岡聡史
笛:一噌隆之、小鼓:田邊恭資、大鼓:亀井広忠

久しぶりに萬斎さんの舞台を拝見するということで、けっこう楽しみにしていたこの「狂言劇場」。席もけっこう観やすかったし、どの演目も面白かった。

個人的には、「縄綯」で太郎冠者が新しく仕えることになった主人の家族の悪口を言うあたりが、なんとなく素直に笑えなかった。狂言は、キレイ事ではない人の思いをいろいろと描いているけれど、罪のない女房や子どもを笑いものにしたりするのを観ていると、あまり後味がいい演目じゃなかった。まあ、ああいうのも人間の一面ではあると思うけどね。

とはいえ、どの演目も劇場ならではの舞台の奥行きや高さを活かしたものとなっていて、特にその「雷」での雷様の登場する辺りでは、思わず劇場の高い天井を見上げてしまうような、能楽堂ではできない演出をしていたのが印象的だった。

「雷」に登場する雷さまはなんとも可愛らしく、藪医者とのとぼけたやり取りを楽しく観ることができた。
[PR]
by kiki_002 | 2009-06-28 23:55 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
大槻能楽堂自主公演能「第461回 新春能」
平成21年1月4日14:00~、大槻能楽堂にて。

「翁」
翁:大槻文蔵
三番叟:野村萬斎
千歳:赤松裕一
面箱:竹山悠樹

笛:藤田六郎兵衛
小鼓 頭取:曽和尚靖
小鼓 胴脇:成田達志
小鼓 手先:古田知英
大鼓:河村大
後見:山本章弘、武富康之
地謡:泉嘉夫、泉泰孝、波多野晋、山本正人、
   長山耕三、齋藤信輔、水田雄晤、越知芳彦
狂言後見:石田幸雄、高野和憲

狂言「文蔵」
シテ 主:野村万作
アド 太郎冠者:石田幸雄
後見:竹山悠樹

能「草子洗小町」替装束
シテ 小野小町:山本順之
子方 天皇:武富晶太郎
ツレ 紀貫之:赤松禎英
立衆 河内躬恒:齊藤信輔
立衆 壬王忠岑:水田雄晤
立衆 官女:林本大
立衆 官女:長山耕三
ワキ 大伴黒主:福王茂十郎
アイ 黒主の従者:高野和憲

笛:赤井啓三
小鼓:曽和博朗
大鼓:辻芳昭
後見:長山禮三郎、山本博通
地謡:多久島利之、齊藤信隆、上田拓司、上野雄三、
   生一知哉、浦田保親、寺澤幸祐、井戸良祐

今年の初観劇は、能楽、それも、「翁」から。以前から観たい観たいと思っていた野村萬斎さんの三番叟をようやく観ることができて、いいお正月となった。

着物姿の女性も多く、休憩時間にはロビーで日本酒や甘酒の振る舞いもあり、華やかな雰囲気。

そんな中、快い緊張感と厳かさで、「翁」が始まる。能楽の中でも、他の能とはいろいろと扱いが違うらしく、観ていると芸能というより儀式という印象が強い。

始まる直前、舞台に向けて切り火が切られる。脇正面だったので、火花が散る様子までハッキリと見えた。

若々しい千歳の舞。舞台上で白い尉の面をつける翁。

翁と千歳が去った後、三番叟が舞い始める。ひとしきり舞った後、面箱と問答を交わし、黒い尉の面をつける。鈴を打ち鳴らし、足を踏み鳴らす。観ているうちに、これは舞というより祈りなのだという気がした。

演目の最後に面を外し、橋掛かりを歩く萬斎さんの表情に充足感が感じられた。

「文蔵」では、勝手に仕事をサボって出かけた太郎冠者を叱るつもりだった主が、京都見物がてら主の伯父を訪ねてきたという太郎冠者のご馳走になったものを思い出させるため、石橋山の合戦物語を語っていく。万作氏の語りの見事さと、合間のトボけたやりとりのコントラストがおかしい。

「草子洗小町」は、歌合せで小町と対することになった大伴黒主の策略と、それが明らかになったときの顛末を描く話で、舞台上の人数も多くにぎやかな演目。話の面白さもさることながら、子方の愛らしさが観客の心をつかんでいた。

充実した内容で、気持ちよく能楽堂を後にした。

……お能を観るたびに、もうちょっとマジメに仕舞のお稽古をしなくちゃなぁ、と思う今日この頃。今月下旬には、初謡会がある。次の週末は、「屋島」の自主トレをするぞ、と心に誓いつつ、家路についた。
[PR]
by kiki_002 | 2009-01-05 22:50 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
初観劇
今年最初に観たのは、「翁」。これは能楽の中でもやや特殊なもので、芸能というより儀式に近い。おめでたいときに演じられることが多いようなので、新年にふさわしい観劇となった。

併せて上演されたのは、狂言「文蔵」と能「草子洗小町」。そういえば、お能を観るのは久しぶりかも。新春能とあって、着物姿の方もたくさんいらっしゃった。

詳しい感想は、例によって近日中に。明日の仕事始めに備えて、今日はそろそろ寝ることにしたい。
[PR]
by kiki_002 | 2009-01-04 23:51 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
「狂言劇場 その伍」
平成20年11月29日18:00~、世田谷パブリックシアターにて。

Aプロ 『磁石』   出演/野村万作、深田博治、高野和憲
Bプロ 『苞山伏』  出演/野村万之介、深田博治、高野和憲

AB共通
能楽囃子/笛:松田弘之、太鼓:観世元伯
狂言による『彦市ばなし』 
作/木下順二
演出/野村万作、野村萬斎
出演/彦市:野村萬斎、天狗の子:月崎晴夫、殿様:石田幸雄

今日はBプロ。

なので最初は、7月に宇都宮で観た 『苞山伏』。そのとき萬斎さんが演じていた使いの者を万之介さんが演じることで、またずいぶんと違う味わい。

弁当を食べてしまったことを人のせいにして、とぼける風情がなんとも言えずいい。山伏の祈祷で苦しむ感じや山人に追われて逃げる辺りも、いかにも情けなくて思わず笑ってしまう。

次に能楽囃子。笛の音と太鼓のリズムが懐かしくも気持ちいい。自分でも笛を吹いてみたい、などと少しだけ思ったり。

休憩を挟んで、最後は彦市ばなし。

ハラハラと舞い散る木の葉は、白い紙に『葉』と書いたもの。普通の木の葉よりだいぶ大きい。木の葉が散るのは何者かが木々の間を飛び回っているからなのだろう、頭上や背後などあちこちから掛け声が聞こえる。天狗の子どもが隠れ蓑を着て、剣術の稽古をしているのだ。

自称「ウソつきの名人」彦市が、その隠れ蓑を天狗の子どもから騙し取る。取ったはいいが、大天狗の仕返しが怖くなり、思案していると、街の様子を見て歩いているお城の殿様と出会う。

釣りのようすを聞かれ面倒になって「河童を釣っている」とウソをつき、鯨の肉と天狗の面を殿様から騙し取るが、それを天狗の子どもに奪われて……。

木下順二作の民話劇を狂言に仕立てたもので、熊本の方言がお話の雰囲気と合っていて楽しい。

登場する彦市も天狗の子も殿様も、可愛げがあって憎めないキャラクターだったし、木々や城を後ろのスクリーンに映した漢字で表したりする演出や天狗の子の宙乗りなども楽しくて、気持ちよく楽しめた1時間。

能楽堂ではできない、劇場ならではの演出を活かしたこの狂言劇場、これからも観ていきたいものだ。
[PR]
by kiki_002 | 2008-11-29 23:57 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
万作・狂言十八選 第八回-宮島狂言-
平成20年10月4日(土)19:00~、広島厳島神社能舞台にて。

解説/野村萬斎

「舟渡聟」
船頭・舅:野村万之介、聟:高野和憲、姑:石田幸雄、後見:岡聡史

「武悪」
武悪:野村万作、主:野村萬斎、太郎冠者:石田幸雄、後見:月崎晴夫

狂言十八選。去年の9月に出雲大社で行われた「三番叟」について雑誌で読み、そのときから、この狂言十八選が気になっていた。その後、20年10月に厳島神社で「武悪」をやるのだと知って、「観よう!」と決めたのもまだ去年のうちのことだ。

で、その念願の宮島狂言。厳島神社の能舞台という素晴らしいシチュエーション。国の重要文化財にも指定されている、海に浮かぶ能舞台。陽が沈んで暗くなった海を背景に、ライトアップされた大鳥居と微かに聞こえる虫の声。

この能舞台と桟敷のあいだは、いつもなら水で隔てられているらしい。だが、今回はどうやら潮が引いてしまっていて、大鳥居の辺りまで、人が歩けるくらいになっていた。能舞台を海が取り囲んでいるのが見られなくて残念な気がした。

まずは萬斎さんの解説から始まった。

今回の演目について、萬斎さんがわかりやすく解説する。いつものとおり独特の低音で、飄々とした話し振り。

それから、始まったのは「舟渡聟」。メジャーな演目なのだろうが、観るのは初めて。ある男が妻の実家に挨拶に行く途中の、酒好きの船頭とのやり取り。男の持ってきた酒を狙って、船を揺らしたりして脅かす船頭。

その船頭が家に戻ってみると、さきほど脅かした男が。それが聟だと知って、うろたえ、とぼけて別人のふりをするために見事なヒゲまでそったのに、結局すぐにバレてしまう。

最後は和解して共に謡う。

それから「武悪」。3人の登場人物がすべて主役とも言える難しい演目。主が、家来の太郎冠者に、同じく家来の武悪を殺すように命じるところから話は始まる。

主を演じる萬斎さんの怒り。冒頭の押し殺したような呼び声や語気を強めた言葉に、他の多くの狂言とは違う迫力を感じる。

昔から良く知っている同僚を殺すように命じられた太郎冠者の困惑。

主から殺すように命じられたと聞いて、覚悟を決める武悪。そして、やはりそれを討てない太郎冠者とのやりとり。

結局、討ったと言って主を欺くのだが、それを聞いた主の笑いはその複雑な心境を表しているようだ。

後半は、死んだはずの武悪と出会ってしまった主従と太郎冠者の入れ知恵で幽霊のフリをする武悪のやりとりが笑いを誘う。

怯える主の様子を笑いながら、もしかするとこの人は、武悪が生きてることに気がつきながらトボけてるんじゃないかなどと深読みをしてみたり。

さすが、人間国宝の野村万作氏が選んだ18の名作狂言のひとつ、見応えのある舞台だった。

ただ心残りは、海に浮かぶ能舞台を観られなかったこと。今度はもっと潮の満ちているときに、また観に来よう……と思った。
[PR]
by kiki_002 | 2008-10-09 23:58 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
広島旅行……宮島から尾道へ。
昨日は、朝の6時前にうちを出て広島に向かい、12時少し前に広島駅に着く。市内でお好み焼きを食べたり街をブラついたりしたあと、路面電車で宮島へ。
f0140491_0585180.jpg

日本三景のひとつ、安芸の宮島。鹿がたくさんいる。人懐こくて、近寄っても逃げていかない。それどころか、エサをねだるために近づいてくる。
f0140491_0594218.jpg

名物の焼き牡蠣を売っている店がたくさんある。歩きながら食べるのもおいしそうだけれど、ちょっと洒落た牡蠣専門店があったので、そこで、焼き牡蠣とスパークリングワイン。
f0140491_10283.jpg

食べたあとは、厳島神社へ。神社の能舞台で狂言を観るためだ。ロケーションは最高。なにしろ能舞台の背景は、ライトアップされた大鳥居。 虫の音が微かに聞こえる。
f0140491_11141.jpg

万作狂言・十八選。演目は「舟渡聟」と「武悪」。そうそう、その前に萬斎さんの解説。見応えのある内容で充実の舞台。 舞台の感想はまた、あらためて。ともあれ、いいものを観せていただきました。

狂言終演後の人ごみで、靴のストラップが片方、千切れてしまったらしい。 歩けることは歩けるけれど、困ったものだ。

宮島狂言を観た後、広島市内で宿泊。 で、のんびりと朝食を摂った後、壊れた靴のまま歩き回るのもつらいので、デパートで靴を調達。

それから尾道へ移動。尾道には初めて。駅を降りると、目の前には海。海に迫る山肌には、趣のある街並み。
f0140491_145551.jpg
f0140491_151634.jpg
f0140491_153515.jpg

細い石畳の坂道を歩くと、映画のロケにも使われた、絵になる風景が続く。雨が降っているのも、またしっとりとした印象を強くする。雨脚が強くなってきたので、とりあえず、通りすがりの和風カフェでひと休み。
f0140491_163089.jpg
f0140491_165059.jpg

それから、坂を降りて、アーケードのある商店街を歩く。

いやぁ、この商店街が面白かった。シャッターが閉まった、寂れた様子のお店もあるが、こだわりのある洒落たお店もたくさんある。派手さはないけれど、この商店街だけでも一日過ごせそうだ。
f0140491_175660.jpg

途中、「みやち」という店でラーメンを食べた。「天ぷら中華」という天ぷらが入っているラーメンを食べるつもりだったが、天ぷらが終わってしまったそうなので、普通の中華そばを頼んだ。

すると、「じゃ、天カス入れておくから」と言われて、なぜかたぬきラーメンになった。さっぱりしたしょうゆ味のスープと細めのしっかりした麺に、不思議と天カスもよく合っておいしい。まあ、これが尾道ラーメンのスタンダードではないだろうけれど。

尾道は面白い街だった。きっとまた来よう……と思いながら電車に乗り込み、帰路に着いた。
f0140491_110851.jpg

[PR]
by kiki_002 | 2008-10-05 23:00 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
10月の予定……?
先月は4回、先々月は9回、劇場に足を運んでいる。今月は何回出かけられるだろう。

まずは今週末、厳島神社で狂言を観る予定。万作・狂言十八選の宮島狂言、演目は「舟渡聟」と「武悪」だ。

それから、黒色綺譚カナリア派の「そまりえ~或る模倣画家の苦悩~」。

そして、彩の国シェイクスピア・シリーズの「から騒ぎ」。

いまのところチケットを確保してあるのは、この3公演だけだけれど、手帳には、あと6つの公演が書いてある。ということは、都合がついてチケットが取れれば、最大で9公演ということになる。先月は少なめだったので、できるだけいろいろ観たいところだが。

まあ、そう思っても実際どれだけ行けるかはまだわからない。たとえばドラマ・リーディング『マクベス』なんて、チケットは抽選だし。

無理のない程度で、でもできるだけいろいろ観られるといいなぁ。
[PR]
by kiki_002 | 2008-10-01 23:57 | 舞台 | Trackback | Comments(2)
朗読で「マクベス」
10月にシアタートラムで行われるドラマ・リーディング30。お題は 『マクベス』、しかも野村萬斎さんの演出だという。わぁ、なにそれ!観たいに決まってるじゃない。

《上演のためのリーディング》として、これが30回目ということだろうか、今年度もすでに何度かこの劇場で、ドラマ・リーディングが行われていることは知っていたが。

テキスト/W・シェイクスピア作 河合祥一郎訳 『マクベス』より
演出/野村萬斎
出演/秋山菜津子、高田恵篤、福士惠二、小林桂太、野村萬斎

これってさぁ、やっぱりマクベス役は萬斎さんだよね?そして、マクベス夫人が秋山菜津子さんでしょ?いいよねぇ、ますます観たい。

えっ、ちょっと待って?チケットって抽選なのぉ~~?いやん、くじ運悪いのに。しかも平日。チケットが当たって、仕事が早退できて、という2つの条件をクリアしないと観られないじゃない。

思わず神頼みしたくなってしまった。なんとかこの舞台、観られますように!!

それにしても、シェイクスピアってのはふざけた男だ。死んでから300年近く経ったいまも、そしてこんな遠い東の国でも、毎年シェイクスピアの芝居が何本上演されていることだろう?考えると不思議な気がする。
[PR]
by kiki_002 | 2008-09-17 23:52 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
  
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログパーツ
検索
画像一覧