タグ:野村萬斎 ( 84 ) タグの人気記事
「わが魂は輝く水なり-源平北越流誌-」
平成20年5月4日、19:00~。Bunkamuraシアターコクーンにて。
「わが魂は輝く水なり-源平北越流誌-」

ここ数日、同じような話題が続いて申し訳ない。でも今日は、書かないわけにはいかない。なにしろ数ヶ月前から楽しみにしていた舞台が、とうとう初日を迎えたのだから。

作/清水邦夫
演出/蜷川幸雄

出 演/斎藤実盛:野村萬斎、斎藤五郎:尾上菊之助
斎藤六郎:坂東亀三郎、時丸:川岡大次郎
藤原権頭:津嘉山正種
平維盛:長谷川博己、浜風:神保共子、城貞康:二反田雅澄
巴:秋山菜津子、中原兼平:大石継太、中原兼光:廣田高志
ふぶき:邑野みあ、黒玄坊:大富士

       ※    ※    ※

観始めて最初に感じたこと。それは、舞台に風が吹いている、ということだった。亡霊である五郎の衣装をやわらかく揺らし、花を揺らし、木々を揺らして、風が吹いていく。

風は舞台の上だけでなく、物語の中でもしだいに強く吹き始め、人々の運命を、そして時代の流れを、動かしていく様に見えてくる。

風に逆らって自分の意思で歩いて行こうとする者も、風を生かして、うまく立ち回ろうとする者も、結局は大きな流れに押し流されていくのだろうか。

キャストでは、まず亡霊役の菊之助さんが美しい。声も姿も、すでに人ではないものの涼やかな美しさを充分にたたえている。

また、秋山菜津子さん演じる巴の、集団を率いるその情熱と、女であることの激しさ、そして夢や狂気と現実との境界があいまいになっていく様子が印象的だった。特に、鮮やかな夕焼けの中、海を見下ろす断崖での場面は圧巻。

休憩時間に、『主役は六郎?』と話す声も聞こえたほど、前半から中盤にかけて野心家の六郎が物語の動きをつくっていく。その六郎を亀三郎さんが安定感のある演技でしっかりと演じていた。

しかし、五郎の言葉も六郎の行動も、父である実盛との関係を抜きにしては語れない。慕うにしろ反発するにしろ、父の影響の大きさを感じさせる。

その父、老境の実盛を演じる萬斎さん。老いの中にも瑞々しい心情を感じさせる演技。そして、彼にしか見えない息子の亡霊と交わす、親しみのこもったユーモアを感じさせる会話。楽しみにしていた甲斐があった、と思う。

いろいろなことを考えさせられたこの舞台、それでも今日はまだ初日。私自身、あと何回か観に行くことになっている。これからまた、観るたびにそのときの感想や考えさせられたことなどを少しずつ書いていけたら、と思う。
[PR]
by kiki_002 | 2008-05-04 23:54 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
幕が開く
いよいよ明日、「わが魂は輝く水なり-源平北越流誌」が初日を迎える。

昨年「国盗人」を観て、野村萬斎さんに惹かれた。その後、過去の舞台のDVDはいくつか観たけれど、狂言以外の舞台を実際に観るのは、その「国盗人」以来だ。

しかも蜷川幸雄氏の演出!!尾上菊之助さんなど共演陣も豪華で、期待は高まる。

清水邦夫さんがこの戯曲を書かれたのは、1980年だという。シアターコクーンのHPに掲載されていた「稽古場レポート」を読むと、蜷川さんのこの戯曲に対する思い入れが感じられる。

言葉の美しい芝居だという。萬斎さんや菊之助さんが舞台でそれらのセリフをいうとき、どんな響きを聞かせてくれるのだろうか。また、萬斎さんは老境の武人をどのように演じるのだろうか。

初演から、四半世紀以上を経て再演されるこの舞台。いよいよ明日から。

公演日程 2008年5月4日(日・祝)~27日(火)
会場 Bunkamuraシアターコクーン
[PR]
by kiki_002 | 2008-05-03 23:59 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
MANSAI◎解体新書
今年の4月、野村萬斎氏は世田谷パブリックシアターの芸術監督として2期目を迎えた。

この劇場での萬斎氏の取り組みのひとつ「MANSAI◎解体新書」は、各界で幅広く活躍される芸術家や学識経験者と、そして萬斎氏自身が、舞台上で向き合い、表現に対する考えや方法論をトークとパフォーマンスを通して観客に伝えようとする試みだ。

この本では、2002年の12月に行われた「その壱」から、今年の1月11日の「その拾弐」まで、世田谷パブリックシアターで開催された「MANSAI◎解体新書」の記録を文章と写真で読むことができる。

その他、萬斎氏の芸術監督としての思いを語った第1部も興味深い。彼の思う舞台芸術とはなにか、伝統と革新、日本と世界、彼のなじんできた三間四方の世界、などについて語られたこのパートは、その内容ももちろんだけれど、ごく普通の服装で劇場の事務室らしき場所や三軒茶屋の駅などにいる彼の写真が、なんだか妙に新鮮で素敵だった。(いつもながらミーハーなことでお恥ずかしい)

去年からのにわかファンではあるし、地方在住でもあるので、「MANSAI◎解体新書」を拝見したことはないのだが、せめてDVDを買って見ようか、とは思ったりもしている。でも一度に全部は無理なので、どれがおすすめかご存知の方は教えてください。
[PR]
by kiki_002 | 2008-04-25 23:58 | | Trackback | Comments(0)
目覚めよと呼ぶ声……
携帯電話のアラーム機能を目覚まし時計の代わりに使っている。最近はそういう人が多いのではないだろうか。

アラームとはいっても、どんな音を使うかはけっこう自由に選べるので、着メロとしてダウンロードした曲をいろいろ使ったりしていたのだが。

ここしばらく、とても気に入って使っているのは、着メロならぬ着ボイスで、「のうのう、これこれ」という呼びかけの声。しかも、その声の主は野村萬斎さんだ。起きるまで根気よく(?)繰り返しかけ続けてくれる声が、毎朝の目覚めをちょっとだけ楽しいものにしてくれているのかもしれない。
[PR]
by kiki_002 | 2008-04-17 21:50 | 日々のこと | Trackback | Comments(0)
舞台芸術としての狂言 『狂言劇場 その四』
3月29日(土)14時~、世田谷パブリックシアターにて。

狂言「盆山」
男:野村萬斎、何某:野村万之介
後見:中村修一

能楽囃子
大鼓:原岡一之、小鼓:古河裕己、太鼓:大川典良、笛:一噌幸弘

狂言「唐人相撲」
皇帝:野村万作、相撲取り:野村萬斎、通辞:石田幸雄
<上手>
楽人:竹山悠樹、牧嶋平、山際洋一、
武官:月崎晴夫、花田孝文、島田悠作、山岡達也、津田正広
側近:時田光洋、深田博治
唐子:多和田智大、野村裕基
文官:衣川佳克、関橋英作、小林安守
<下手>
楽人:高野和憲、田口恵介、千島淳平
武官:宇貫貴雄、寺尾翼、渡部直也、入月謙一、板谷隆次、平原テツ
側近:鎮西猛、徳山裕憲
唐子:高橋秀顕
文官:高橋脩允、梶川武雄、小美濃利明
髭掻:野村万之介
後見:岡聡史、石田淡郎、中村修一

いやあ、これは行ってよかった!!
年度末だし、土日出勤の可能性もあると思ってチケットを確保しておかなかったのだけれど、
どうやらご縁があったらしく、間近になって行けることになった。

AとBの2つのプログラムがあって、Aは「子盗人」、Bは「盆山」で始まる。
続く能楽囃子から、休憩を挟んで、今回のメイン「唐人相撲」へ。

観たのはBプログラムの日だったので、まずは「盆山」から。

この曲は、以前万之介さんと野村遼太郎くんの組み合わせで観たことがある。
ある男が、流行の盆山をたくさん持っている何某にねだったが、くれないのでこっそり盗りに行ってしまう。裏から忍び込むが、何某に見つかり、からかわれる話。

忍び込むときの擬音(メリメリメリとか)、犬や猿の鳴きマネをしたりとか、シンプルな笑いでわかりやすい。最後の鯛の鳴き声にいたっては、もう文句なく可笑しい。

打って変わって能楽囃子では、まず笛をじっくり聴かせてくれる。それから鼓や太鼓が入ってくる。こうしていると、伝統芸能への予備知識がなくても、聴いていて気持ちがいい音楽だと思える。

そして「唐人相撲」。

今回、2階席だったのだが、おかげで舞台全体がその奥行きを活かした演出までよく観ることができた。

左右と奥へ伸びる3本の橋掛かり。その奥に横たわる、もうひとつの舞台。そこに降ろされたホリゾントに、皇帝の御幸の行列がシルエットで現れる。その華やかで長い行列が進んで行く様子は、不思議にどこか懐かしく印象的な場面だった。

このとき、ある種の感動を覚えた、と言っても大仰だと笑わないで欲しい。先日観た「身毒丸」の地底のシーン同様、意味とかストーリーを超えて印象に残るシーンがそこにあった。

で、話の内容はというと、中国に渡り皇帝に仕えていた日本の相撲取りが故郷に帰りたくなって皇帝に暇乞いを申し出たところ、帰る前にもう一度相撲をとって見せるように言われる。皇帝の家来が次々に相撲取りに立ち向かうが、まったく敵わず、ついには皇帝自らが、立ち会うと言い出して……。

と、ストーリーそのものはいたってシンプル。長さの割りにセリフも多くない。

面白いのは、それぞれの立ち合いの動きの面白さ。次から次へと繰り広げられる取り組みは、なんとなく漫画的で少しナンセンス。誰が見ても可笑しいし、何も考えないでただ笑える。

それと、中国語の発音を真似ながらしゃべる唐音という偽中国語。ときどき日本語が混ざってみたり、雰囲気で何を言っているのかわかったり。通詞(通訳)を演じる石田さんに何度も笑わせられた。

この「唐人相撲」を観た後に、能楽囃子で感じたのとよく似たことを思った。

この舞台は、伝統芸能としての狂言について何も知らない例えば外国の方が見ても、ひとつの演劇として、面白いと感じることができるものだということ。舞台芸術としての狂言、というサブタイトルの意味がよく分かった気がする。
[PR]
by kiki_002 | 2008-03-30 22:40 | 舞台 | Trackback | Comments(0)
NAKANO-ZERO NOH ろうそく能『安達原』
平成20年3月16日(日)14:30~17:40、なかのZERO大ホールにて。

みどころ解説:小島英明

仕舞
『葵上』 観世喜正
『山姥』 遠藤六郎
地謡:中森貫太、奥川恒治、古川充、桑田貴志

狂言『磁石』
シテ(すっぱ):野村萬斎、アド(田舎者):高野和憲、小アド(茶屋):月崎晴夫
後見:時田光洋

<休憩15分>

<火入れ式>
四拍子の調べ

蝋燭能『安達原』  
前シテ・里女、後シテ・鬼女:小島英明
ワキ・山伏祐慶:森 常好、ワキツレ・供山伏:舘田善博
アイ・祐慶ノ能力:野村萬斎

笛:松田弘之、小鼓:鵜澤洋太郎、大鼓:原岡一之、太鼓:桜井 均

後見:遠藤六郎、長沼範夫、奥川恒治
地謡:観世喜正、中森貫太、中所宜夫、遠藤和久、
遠藤喜久、鈴木啓吾、佐久間二郎、坂真太郎

このNAKANO-ZERO NOHは今回で4回目となったらしい。そして、今日はチケット完売で当日券も出ないという。これまでの積み重ねと皆様のご理解によって、この会が定着してきたのであろう、と最初の解説で感謝の言葉が述べられていた。

なるほど、と思いながらも、萬斎さんのドラマご出演の影響もあるだろうなぁ……、と考えてしまうのはちょっと意地が悪いだろうか?

まあ、それはさておき、まずは仕舞2番。ちょうど今日は、仕舞の稽古からまっすぐこちらへ来たので、仕舞を観る目に気合が入る(ような気がする)。

いつも思うことだが、自分達が教わった形をギクシャクとやっているのに比べて、舞台で拝見する動きのなんと美しいこと。同じ動きのはずなのに、まるでまったく別のもののように見える。稽古を重ねていけば少しはあんなふうに動ける日が来るのだろうか?

『山姥』を舞われた遠藤六郎氏は、プログラムによれば1927年のお生まれだという。1月にはごく若いシテとツレの演じる『舎利』を拝見したが、若い方は若い方の、そしてベテランにはベテランの味わいや趣があって、それぞれ見応えがある。能というのは面白いものだと改めて思った。

続く狂言は『磁石』。能の演目が、見てはいけないものを見てしまう話なので、それにちなんで、あることを知ってしまうことから起こる話として選んだ演目だそうだ。

さてこの話、街へ出てきた田舎者をスッパ(騙り者)が人買いへ売り渡そうとしたところ、その相談を盗み聞きした田舎者が逃げ出し、刀を持って追ってきたスッパに、自分は磁石の精だと言ってその刀を……。

人を売り飛ばそうとするスッパが、その割りに騙されやすかったり、田舎者とあなどられた男がうまく立ち回ったりと、なかなか一筋縄では行かないところが面白かった。

演じたのが萬斎さんだったこともあって、なんとなく品のいい可愛げのあるスッパだった。

そして休憩の後、火入れ式が行われ、ろうそく能が始まる。

昨年、能楽堂で蝋燭能を観たときには、場内がとても暗くて、観ているうちに目が疲れるほどだった。今回は公共ホールを使用しているので、照明も使うのだろう、と会場に向かいながら連れと話をしていた。

予想通りに照明も使われていたのだが、単にそれだけではなかった。最初の解説で説明があったのだが、ホール公演であることを活かして、いくつかの演出がなされていた。

たとえば、能につきものの鏡板がなく、ホリゾントにススキや夕焼けが映し出されて日暮れ間近の荒れ野を表現していた。しかも、話の内容に合わせてしだいに日が落ち、月が出たりもする。

また、女の家に招き入れられると、荒野の背景が消えて室内に入ったことが示されたりもした。

荒野に住む1人の女に、一夜の宿を頼む山伏一行。どうやらこの女、訳ありらしく、こんな所に住んでいるのに、都で流行った歌をうたって泣くのだった。

女が山伏達のために薪を取りに行った後、見るなと言われた寝室をのぞいてしまうと、そこには死体が山のように積み上げられていて、後半は、正体を知られた鬼女と山伏の戦いになる。

この場合、はっきり言って見てしまった方が悪いよねぇ。まあ、間狂言は面白かったけれど。そもそも女に、山伏達を害するつもりがあったのかどうかもわからないし。

今日の会のテーマは「何故、女は鬼になったのか。」だそうだ。仕舞も能もそのお題に合った演目となっているようだ。安達原に住む鬼女に、都で何があったのか。そして、なぜ多くの人を殺めてきたのか。能の中では語られないことを想像してみるのも一興だろう。
[PR]
by kiki_002 | 2008-03-16 23:17 | 舞台 | Trackback | Comments(2)
『狂言サイボーグ』
なぜ今までこの本を読んでなかったんだろう?と思うほど、萬斎さんのファンにはたまらない1冊。

幼い頃から身体で覚えさせられた「狂言」の型。それをコンピュータのプログラミングに例えて語る冒頭の文章。身体の各パーツをテーマにしたエッセイ。主宰する「ござる乃座」のパンフレットによせた文章。これらの文章をまとめて、そこに撮り下ろしの写真を添えている。

最初から通してしっかり読むというよりは、パラパラとめくりながら、なんとなく目に付いたところを読んだり、写真を眺めたりしている。

この写真がとてもいい。

文章のテーマに合わせて、手や足、目や耳などのパーツを写したものや、能舞台に横たわる姿、扇を構えるポーズなど、どの写真も印象的で、飽きずに眺めてしまう。

写真家の腕もあるだろうが、モデルとなっている萬斎さんが、なんともいえず絵になる方だというのは間違いないところだ。

それらの写真と、彼の独特の感性に溢れた文章。読み終わしてしまうのが惜しくて、ここ数日かけて、少しずつ読んでいる。
[PR]
by kiki_002 | 2008-03-12 23:23 | | Trackback | Comments(0)
NHK木曜時代劇「鞍馬天狗」最終回「角兵衛獅子 後編」
あ~あ、終わっちゃった……。

でもあのエンディングなら、いつでも続編ができる……んじゃないかな?と、楽観的な観測をしたりしつつも、まずは最終回について。

前回、新撰組の一員になりすましてたったひとり大阪城へ乗り込んだ鞍馬天狗。しかも、杉作に託した手紙が奪われ、敵の真っ只中で正体がバレてしまう。敵陣の中にあって、さすがの天狗もしだいに追い詰められ、手傷を負って米倉へ逃げ込むのだが……。

いやあもう、テレビをこんなに真剣に観たのっていつ以来だろう?と思うほど息を呑んで見入ってしまった。

……そして、傷ついて追い詰めらた鞍馬天狗を救ったのは、宿敵のはずの近藤勇だった。

この近藤勇がねぇ、今回もカッコよかった。武士としての生き方へのこだわり。怪我をした鞍馬天狗と戦うなんて卑怯だと泣いて訴える杉作の言葉に打たれ、大阪城代に真っ向から対抗して天狗を助ける、新撰組局長の貫禄。

近藤のおかげで大阪城を出ることができた鞍馬天狗を、門の前で杉作と白菊が待ってる。駆け寄る杉作に見せる表情や、白菊と見つめあい、微かに目を潤ませながらも見せる晴れやかな笑顔に、なんとなく泣けてきそうになったり。

仕切り直しての近藤勇との対決は、すでに素顔を見せてしまっているのに、やはりお決まりの月夜に頭巾の組み合わせ。別にもういいんじゃないの、とちょっと思ったりもして。

そうこうしているうちに、画面には『完』の文字が……。終わってしまうのはホントに寂しい気がする。続編熱烈希望中。

ちなみに5月にはDVDが発売されるらしい。毎回録画していたのに、つい買ってしまうかもしれないなぁ~。
[PR]
by kiki_002 | 2008-03-07 23:54 | 映像 | Trackback | Comments(2)
NHK木曜時代劇「鞍馬天狗」第7回「角兵衛獅子 前編」
やっぱり鞍馬天狗には、杉作がいないとねぇ~。なかなか可愛くて、健気な感じの杉作くんが登場し、今週と来週は「角兵衛獅子」。

まずは、お金を落として泣いている角兵衛獅子の幼い兄弟に、優しく言葉をかける倉田典膳が素敵でした。

そして、角兵衛獅子の親方を叱りつけるときの強めの声がまた、凛々しくて♪

それにしても、鞍馬天狗と倉田典膳が同じ人だってこと、やっぱり気がつくよね?杉作が一度で気がついたのに、気がつかない白菊ちゃんはいったい……。

鞍馬天狗の太刀捌きだけ、残像が残って見えるのは、いったいどうやって撮影してるんだろう、とか鞍馬天狗になったときだけ、声にエコーがかかるんだけど、どうしてなんだろう、などと、相変わらず細かい突っ込みも入れてみたり。

しかし、敵に手紙が渡ってしまい、いったいどうなるのかシリアスな状況の中、来週に続く、ということに。そしてその次週は、とうとう最終回。ずいぶん早い気がします。

終わってしまうと寂しいですね。
[PR]
by kiki_002 | 2008-02-28 23:56 | 映像 | Trackback | Comments(2)
親不孝?
5月にシアターコクーンで上演される、萬斎さん主演の「わが魂は輝く水なり-源平北越流誌-」。

チケットは、3月2日から発売……のつもりでいたのだけれど、気がつくとすでにチケット争奪戦が始まっていた。

各種の優先予約やら先行予約やら、プレなんとかやら、もうよくわからないのだが、とりあえず急ぎ参戦することに。

すでにすっかり出遅れた感もあるので、あわてながらとりあえずある週末のチケットを確保。深夜に気がついたので、友人との日程調整もせずに取ってしまった。でも、きっとなんとかなるだろう(などと言いながら、よくこれで泣きを見るのだが……)。

などと考えているうちに、やっと気がつく。あ、母の日だ。

去年の5月はといえば、週末のたびにパルコ劇場に通っていたので、やはり母の日に顔を出しそびれ、深く反省したはずなのに……。なんで懲りないんだろう。

ゴメンよ~、母上。別な日に顔を出しに行くから許して。それともいっそ、コクーンに連れて行ってしまおうか?それもなぁ……う~ん…。

いやそれより、いつか吉右衛門さんの出るときに歌舞伎座へ招待するから、勘弁して。ね?
[PR]
by kiki_002 | 2008-02-25 23:57 | 舞台 | Trackback | Comments(2)
  
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログパーツ
検索
画像一覧