タグ:グイン・サーガ ( 18 ) タグの人気記事
グイン・サーガ第120巻「旅立つマリニア」
著者:栗本薫
出版社: 早川書房(ハヤカワ文庫)
発売日: 2008/04/10

グイン・サーガの登場人物にはマリニアという名の幼子もいるのだけれど、この巻のタイトルになっているのは、可憐な花マリニアを思わせるフロリーのこと。ちょっとまぎらわしい。

でもまあ、前巻までの流れからすれば、違和感のない展開かもしれない。

タイトルどおり、内容の大半はフロリーとその息子スーティがパロを立つまでの様子。グイン・サーガでは珍しいくらい大人しいこの女性が旅立つということに、これほどいろいろな人の思いが絡んでくるとは少々意外だった。

あいかわらずのマリウスに、誰かに心を許したいリンダ。正直、リンダとのやり取りにはちょっとホロッとした。さすがにお気楽なマリウスでさえ、それを聞いて心を入れ替えたくらいだ。もっとも、それもいつまで続くかわからないが。

グインはといえば、古代機械に記憶を修正され、ここしばらくの旅などについてはまったく覚えていないというのに、スーティに会うと特別な感情を覚えるようだ。この子はやはり中原の歴史に名を残す人物になって行くのだろう。

そして、グインはいつか中原の国々から遠く離れて、自分の記憶を修正し、操ろうとする巨大な何者かに、立ち向かっていかなくてはならないのだろうか。前巻とこの巻で、ヨナが予想したとおりに。

ヨナがその予想を語るところで、ずっと昔読んだ本を思い出した。

それは、新井素子さんの「いつか猫になる日まで」。猫になって一日中昼寝したいと願うようなのんびりした女の子が、宇宙人同士の戦争に関わることになった上、ラストではとてつもなく巨大な敵、『神』に向かって戦いを挑む決意をするという物語。

なにかとても巨大なものと戦わなければならない、そして無駄に絶望することもなく、ただ戦おうとするその潔さ。それはきっと、グインによく似合うだろう。

ケイロニアに戻るグインに、これからどんな運命が待っているのか。また、ヴァレリウスが注目し始めたミロク教は、これからこの物語の行く末にどう関わって行くのだろう。

それらの大きな歴史の流れの中で、物静かなヨナのほのかな恋がいつか実りますように。
[PR]
by kiki_002 | 2008-04-12 22:11 | | Trackback | Comments(0)
グイン・サーガ第119巻「ランドックの刻印」
昨日マチソワ、今日もこれからマチソワという、今どっぷりひたっているしゅうくりー夢の舞台についてではなく、なぜかここでグインの感想を。

あ~もう、久しぶりに登場したケイロニアの人たちの頼もしいこと!特にハゾスときたら、いやあ、カッコいいやら頼もしいやら、ああ、こういう人に近くにいて欲しいなぁ、としみじみ思う。グイン・サーガ内での上司にしたいキャラナンバーワンの座をカメロンと競ってしまうくらいだ。ちなみに、グイン本人は決断力・責任感などはとてもポイント高いのだけれど、ちょっと波乱万丈過ぎてついていけない気がする。こんな私は竜の歯部隊には入れそうもない。

なにしろパロ側が、責任感皆無のマリウスに、優柔不断のヴァレリウス、そしてがんばってはいるもののやっぱりまだお姫様気分の抜けきれリンダなのだから、ますますケイロニアチームが頼もしく見えてしまう。

まあ、マリウスはともかくヴァレリウスについては大いに同情の余地がある。最近苦労ばかりしているせいか、昔の飄々としたというか、とぼけた味わいがすっかり影をひそめてしまったようで寂しい感じだ。

ストーリーはといえば、う~ん、そんなのあり?な展開。あのグインが、すっかり何者かの手の中にあるように見える状況に、読んでいるこちらまで心細くなる。ヨナのいうように、これは将来グインが立ち向かわなければならないもっとも大きな敵の予兆なのだろうか。

主人公であるグインは、この長い長い物語をとおして、自分が何者であるがという問題と向き合い続けることになるのだろうか?
[PR]
by kiki_002 | 2008-02-10 10:22 | | Trackback | Comments(0)
グイン・サーガ第118巻「クリスタルの再会」
この前、タイスを脱出したと思ったら、もうクリスタルなの?とちょっと驚く。これまでの旅と比べて、展開が速い気がする。

まあ、パロの魔道師宰相であるヴァレリウスがついていることだし、このタイトルであれば、この巻のうちに間違いなくリンダとグインが再会することになるのだろう。……などと思いながら読み始めた。

どうやらこのところ、涙腺がゆるいようだ。第1話でブランがグインの元を去るくだりで、思わずグッときてしまった。このグイン・サーガで好きなのは、こういう明らかに脇役らしい登場人物にも葛藤やドラマがあって、ついつい思い入れしてしまうところだ。そういえば、第1巻で出てきたトーラスのオロがらみでは、何度も涙ぐんだっけ。

それから、クリスタルへ入ったグインと彼の親衛隊との再会。「ルアーの忍耐」のひと言で、長い長い間、異国の地で主を待ち続けた、あまりにも忠実な《竜の歯部隊》の面々にまたちょっと感動する。

それと比べて、リンダとの再会はさほどドラマチックでもなかったな、と思ったら、まだそのあとにひとひねりあった。この2人の関係についても、今後まだいろいろとありそうだ。

で、最後はあんな会話の途中だなんて、気になるじゃないの~。というわけで、次の巻は2月発売だそうだ。
[PR]
by kiki_002 | 2007-12-11 23:53 | | Trackback | Comments(0)
グイン・サーガ第117巻「暁の脱出」
タイトルだけ見ても、いよいよグイン一行がタイスから脱出する話なのだな、と想像がつく。その脱出経路も、これまでの展開をみていれば、だいたい予想できる気がする。

しかし、この表紙は?白のマーロールだということはわかるけれど、そんなにマーロールが表立って活躍する展開になるのかな?

……などと思いながら読み始めた第116巻。まず最初の章から驚かされた。

グインとガンダルとの決戦、前作でキレイさっぱり決着がついたと思ったのに、さすが伝説の闘王ガンダル、そう簡単には終わらなかった。そして、その死闘の後、すかさずマーロールが登場し、彼が表紙を飾った意味がわかってくる。

影からこっそりグインたちの脱出の手助けするものだと(勝手に)思っていたマーロールが、しっかり中心になってストーリーが進む。あ~、そう来たかぁ……。しかも、クムの宰相らの政治的な判断によって、マーロールの今後の運命も大きく変わっていくようだ。

後半は、ほぼ予想通りの脱出行……と思ったら、危機一髪の展開に思いがけない救い主が現れる。お~、ここでこの人が登場するとは!グイン一行のうち何人かと浅からぬ因縁のあるその人物が登場するのは、いったい何巻ぶりだろう?ホントに久しぶりに思える。

この長い長い物語だからこそ、こういう感慨も生まれるのだろう。思えば、ずいぶん多くの登場人物と出会い、多くの場所を旅してきたものだ。

できることなら1週間くらい休みをとって、第1巻からど~んと積み上げ、通して読み返してみたい。きっと、どっぷりはまってしまうだろうなぁ~。
[PR]
by kiki_002 | 2007-11-10 23:26 | | Trackback | Comments(0)
グイン・サーガ第116巻「闘鬼」
作者自身があとがきで言っていたように、グイン一行のタイス滞在もずいぶん長くなった。

が、それもどうやら終わりが近づいたようだ。

なにしろ、扉をめくって恒例の英語タイトルを見ると、なんと『THE FINAL FIGHT』。それだけで、いよいよグインとあの噂のガンダルとの対決になるのだろうということは予測がつく。となれば、このタイス編もクライマックスということだろう。

前作から続く、水神の祭り。その喧騒の中で、競技大会が進んでいき、グインはもちろん、負けず嫌いなリギアも着実に勝ち進んでいく。今回は展開が速く、あっというまに祭りの最終日。で、予想通りグインとガンダルとの決戦が始まる。

いやぁ~、それにしても意外だった。まさかこの巻のうちに決着がつくとは。いいところで次の第117巻に続く、となるだろうと思ってたのに。キレイさっぱり戦いは終わり、しかもなかなかさわやか戦いだったので、気持ちよく読み終えることができた。

そして、ガンダルがああいう人物だったとは!あれほど怪しげな噂が飛び交い、あれほど得体の知れない奴だと思っていたのに。一芸に秀でるものというのは、やはり人間としてもそれだけの器があるということだろうか。そういえば、この街で出会った青のドーカスや白のマーロールにしてもそうだった。

あとは、どうやってこのタイスを無事に脱出するか、ということだ。ここ数巻で、それも少しは目途がついてきたような気がするので、きっと来月発売となる次巻では、その答えがわかることだろう。
[PR]
by kiki_002 | 2007-10-11 23:53 | | Trackback | Comments(0)
悪三郎とイシュトヴァーン
昨日観た「国盗人」にすっかりやられてしまい、
他のことをしていても、あのシーンやらこのシーンやらが頭の隅でリフレインしている。

そんな中、本屋でグイン・サーガの新刊を発見。外伝第21巻「鏡の国の戦士」。
10日の発売と思っていたので、ちょっとうれしい。
「七人の魔道士」より後の話でグインが主人公なのだそうだ。
う~ん、本編のグインがそこにたどり着くまで、あとどのくらいかかるのだろう?

そのとき、ふと思った。
「グイン・サーガ」のイシュトヴァーンと「国盗人」の悪三郎は似ているんじゃないだろうか。
王座への執着。そのためには手段を選ばない悪党ぶり。
平和より乱世になじみ、戦場にあっては鬼神の働き。
信用ならない奴と思っていても、ついだまされるカリスマ性。
そのくせ、手にかけてきた者たちを夢で見てうなされる弱さ。

いやいやイシュトと今は亡きアリのコンビが、二人でそのまま悪三郎=リチャード三世だ。
ゆがんだ醜い体つきで、実の母からも疎まれ、世の中のすべてを憎んでいるアリ。
冒頭のリチャードの独白そのものではないか。

だからどうということではないのだけれど、
自分ではなんとなくすっきりした気分になった。
[PR]
by kiki_002 | 2007-07-08 23:44 | | Trackback | Comments(0)
予想外
昨夜、グイン・サーガ第114巻「紅鶴城の幽霊」を読んだ。

いやあ、ここでフロリーがこんなに活躍するとは、思ってもいませんでした。
まあ、活躍とは言ってもフロリーのことだから、
うろたえたり、怯えたり、困ったり、とまどったり、
それでもちゃんとけなげだったりしているだけなのだけれど。

意外だったのは、フロリーから見たマリウスが
あんなに素敵なんだっていうこと。

確かにねぇ。王子様だし。可愛らしい顔をしているし。
やさしくてほがらかで歌がうまいし。
内気なフロリーが好きになりやすいタイプかも。
(でも初恋のイシュトとは、ずいぶんタイプが違うけどね)

もうひとつ意外だったのは、あんがいマーロールがいい人そうだったこと。
もっと、一筋縄では行かない相手かと思ったんだけど。
でも、なかなかドラマチックな人物であることは間違いないかな。

7月は外伝。
楽しみにしています。
[PR]
by kiki_002 | 2007-06-14 19:20 | | Trackback | Comments(0)
始めました!
今日は、職場を出るときから、うちに帰ったらブログを始めよう、と思っていました。

なんでかなぁ?
いままでも興味はあったんだけど、やってみようとは思わなかったのに……。

それならそれで、さっさと帰ってくればいいのに、残業した挙句、本屋に寄ってきてしまいました。
いつ行っても、本屋はいいね!ついつい長居をしてしまいます。

で、今日のお目当ては、グイン・サーガ第114巻「紅鶴城の幽霊」。

もう、114巻なんだなぁ……。初めて読んだのは、高校の時だったんだけど、そのときは何巻まで出てたんだっけ……?。

それから、もう1冊、タニス・リーの「銀色の愛ふたたび」。
これは有名な(?)「銀色の恋人」の続編。

タニス・リーはとっても好きだし「銀色の恋人」も好き。
ちょっと甘々だけどね。
でもベタでも甘くても、いい。
綺麗で甘くて、そして悲しい恋。女だからねぇ、そういうのにやっぱり弱いのです。
で、その続編、どんな話なのかな、う~ん、楽しみ!

で、帰ってきて、洗濯してご飯炊いて風呂洗って…等々の雑務を片付け、やっとブログです。

何を書くかも決めてないんだけど、とりあえず始めました。
もしも、読んでくれる人がいるなら、どうぞよろしく!
[PR]
by kiki_002 | 2007-06-11 22:40 | | Trackback | Comments(0)
  
だって、好きなんだもん!
by kiki
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30